安藤美希子の高校や大学などの成績について!リオで活躍なるか?

 

今日は、リオ五輪に出場を果たしたウエイトリフティングの安藤美希子選手について取り上げたいと思います。

安藤美希子選手とは一体どういう選手なのか…。出身高校から大学時代の成績をまとめてみました。

 

まずは、彼女の簡単なプロフィールからご紹介したいと思います。

 

Sponserd Link

安藤美希子のプロフィール

スクリーンショット 2016-05-30 22.17.19

引用:http://www.nikkansports.com/

 

生年月日:1992年9月30日(23歳)

出身:千葉県白井市

身長:155センチ

血液型:B型

所属:いちご

 

リオオリンピックに58キロ級で出場を果たした彼女ですが、意外にもかなり小柄な体型なんですね。

155センチの小柄な体型からは想像もつかないような筋肉を持っているんでしょうね。

 

そんな”小さな巨人”の彼女ですが、幼少期の頃はどんな子だったんでしょうか。

 

高校、大学時代について!

 

千葉県出身の彼女ですが、高校は埼玉県の私立埼玉栄高校に進学したそうです。

この埼玉栄高校では多くの部活動が全国大会に出場を果たしていて、中でも卓球部やレスリング部、女子陸上部などが有名だそうです。

中学時代は陸上部に入っていたそうなので、もしかしたら陸上部に入りたいという思いもあったのかもしれませんね。

(埼玉栄高校は体育教師になりたいという理由で選んだそうですが)

 

Sponsored Link

 

高校でウエイトリフティング部に所属すると、2年生の時から頭角を現し、全国高校女子選手権優勝やアジアユース優勝を果たしました。

しかし、膝の半月板の手術により、リハビリのために表舞台から約1年間姿を消すこととなったそうです。

これは本人も大変ショックを受けたでしょうね。

 

ケガから復帰後は…

 

平成国際大学に進学し、全日本選手権に初出場した際には、クリーン&ジャークで116キロの日本新記録を達成し、初優勝を達成しました。

いきなり優勝で日本新記録ですか!?

ハンパじゃないくらい努力したんでしょうね。すごい…

 

次に、高校、大学での成績をまとめてみました。

 

高校、大学での成績について!

 

高校時代

 

・全国高校女子選手権 優勝

・アジアユース 優勝

・ジュニアオリンピックカップ 優勝

 

大学時代

 

2011年度(1回生)

・全日本選手権 優勝(クリーン&ジャーク 日本新記録)

・ユニバーシアード 4位

・世界選手権 14位(クリーン&ジャーク、トータル 日本新記録)

・インカレ 優勝(クリーン&ジャーク、トータル 日本新記録)

 

2012年度(2回生)

・ジュニアオリンピックカップ 優勝

・全日本選手権 優勝(クリーン&ジャーク、トータル 日本新記録)

・世界大学選手権 3位

 

2013年度(3回生)

・全日本学生選抜 優勝(スナッチ、トータル 日本新記録)

・ユニバーシアード 6位

・世界選手権 7位

 

2014年度(4回生)

・全日本選手権 優勝

・アジア大会 5位(クリーン&ジャーク、トータル 日本新記録)

・世界選手権 9位

・インカレ 優勝(クリーン&ジャーク 日本新記録)

 

高校時代、大学時代ともに日本では負けなしの強さだったんですね。

日本新記録も毎年のように更新してますし…

ケガで1年ブランクがあったのにも関わらず、この成績は凄すぎます。

 

大学卒業後は、あのロンドン五輪の銀メダリスト、三宅宏実さんも所属するいちごグループホールディングスに入社します。

その後も、数々の輝かしい実績を残し、見事リオ五輪の出場権を獲得しました。

 

あとがき

 

もちろん、リオでもメダルを期待したいところですが、世界選手権ではご自身の思うような成績は残せていないようです。

あまりプレッシャーになり過ぎず…ってのも無理な話からもしれませんが、自身の自己ベストを更新するくらいの気の持ちようで頑張って欲しいですね。

ファイト!! アンドー!

 

Sponsored Link

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)