ニュースでよく聞く談合とは?なぜ悪いのか?

 

ニュースでよく聞く「談合」という言葉。

皆さんはその言葉の意味をご存知ですか?

 

はあまりピンときていないんじゃないでしょうか。

そこで、今回はこの談合について詳しく説明しようと思います。

 

まずは談合の言葉の意味から説明します。

 

Sponserd Link

談合の意味とは?

 

話し合うこと。相談。「―したうえで決定する」

「談合行為」「入札談合」のこと。

引用:goo 辞書

 

簡単な意味では「話し合うこと」となっていますが、これだけじゃピンときませんよね。

 

しかし、ニュースで使用される際の談合の意味とは少し違うみたいです。

ニュースで使用される談合は「公共事業などの競争入札をする前に、競争するはずの業者同士が事前に話し合い、受注業者と落札価格を決めていた」ということを表すみたいです。

これもまだピンときませんね。

 

例えば、自社である製品を開発する際に、A、B、Cの3社が開発したいと入札したとしましょう。

ここで、自社としてはなるべく安くて良い物がベストな訳ですから、この3社で入札をして、一番安くやりますと言う会社に落札をさせます。

つまり、オークション形式ですね。

 

そこで、まず最低落札価格を決めます。(安すぎるのもかえってリスクを伴うので)

 

ところが、参加する3社はあらかじめ見積もりの段階で話し合いをし、見積もり金額を決めてしまえば、この最低価格をつり上げることができます。

これが例えば地方自治体が道路を建設する際に業者同士に談合をされると、我々が税金を無駄に払う羽目になります。これによって悪いイメージがあるみたいです。

それでは談合は野放し状態であるのかということですが、どうもその対策として法律があるみたいです。

 

Sponsored Link

 

談合の対策として

 

2005年に独占禁止法が改正され、談合を厳しく取り締まることができるようになりました。

裏では密かに談合を行われているようですが、これによって公正取引委員会が裁判所の令状を得て家宅捜査や書類の差し押さえなどができるようになったみたいです。

 

まとめ

 

これを「必要悪」と捉える人もいるみたいなので、一概に悪いとは言えないようですね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)