登坂絵莉の筋トレ内容がハードすぎる!世界ランクや連勝記録は?

 

女子レスリングの登坂絵莉選手が5月6日のミヤネ屋に出演し、そこでの筋トレ内蓉がスゴくてハードすぎると話題になっていました。

そこで、その筋トレの内蓉について調べてみました。

まずは簡単なプロフィールからご紹介したいと思います。

 

Sponserd Link


プロフィール

 

スクリーンショット 2016-05-06 15.34.26

引用:http://www.sanspo.com/

 

生年月日:1993年8月30日(22歳)

出身:富山県

身長:152センチ

階級:48キロ級

所属:東新住建

 

9歳の頃からレスリングを始め、地元にある高岡ジュニア教室に通っていたそうです。

中学の時から練習量がスゴく、毎日練習がしたいがために他の教室に移ったこともあるそうです。

その甲斐あってか中学では全国大会を制覇したそうです。

やはり日本代表に選ばれる選手は、子供の頃から練習量も実績もスゴかったということですね。

 

至学館高校に入学した後、全国女子選手権2連覇、全日本レスリング選手権大会を準優勝(優勝は小原日登美)するなど、高校生になっても順調に活躍していきました。

高校卒業後は至学館大学に入学し、ジュニアオリンピックでは48キロ級の1階級上の51キロ級で優勝しました。

その後も2015年の世界選手権優勝2016年アジア大会3位などの数々の実績を残し、「吉田沙保里の後継者」と呼ばれるぐらい期待されている選手の一人です。

 

練習がハードすぎる!

 

そんな登坂絵莉選手ですが、練習(筋トレ)がハードすぎると話題に!

何でも大人二人抱えてダッシュしたり、階段をうさぎ跳びで上がったりというハードさ。

大人二人ですから、100キロは軽く越えてますからね…

 

また、綱登りも取り入れているみたいで、これも相当エグいみたいです。

レスリングに必要な「引く力」を鍛えるために取り入れているそうです。

足腰だけでなく、上半身の鍛え方も尋常じゃないということですね。

 

Sponsored Link


世界ランクや連勝記録は?

 

スクリーンショット 2016-05-06 16.14.33

引用:http://www.sanspo.com/

 

また、FILA世界ランクは48キロ級で1位だそうです。(2016年2月現在)

リオでも間違いなく金メダル候補なので、頑張っていただきたいですね。

 

ちなみに、世界選手権は現在3連覇中で、連勝記録は2016年2月のアジア選手権で敗れたので59で止まったそうです。

吉田選手の公式戦119連勝という数字は圧巻ですが、この59という数字も輝かしい実績ですね。

 

まとめ

 

リオオリンピックではメダルラッシュが期待されている日本の女子レスリング選手。

その若手の中でもエース級の扱いを受けている登坂絵莉選手。

この調子でさらなる活躍を期待しています!

 

Sponsored Link


最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)