藤岡好明が1軍に昇格!内臓疾患の病気の影響は今もあるのか?

 

日本ハムの藤岡好明選手が金銭トレードでDeNAへ移籍し、1軍に昇格したことが話題になっていますね。

そこで、藤岡選手について色々と調べてみることにしました。

まずは簡単なプロフィールからご紹介します。

 

Sponserd Link


プロフィール

スクリーンショット 2016-04-05 17.31.55

引用:http://moogry.com/

 

生年月日:1985年3月12日(31歳)

出身:大阪府

身長:177センチ

体重:81キロ

投・打:右投左打ち

 

宮崎日大高校からJR九州に入団し、そこでは主に救援投手を務め、都市対抗野球大会ベスト4の立役者となります。

その成果もあってか、2005年にドラフト3位でソフトバンクから指名を受けます。

2006年、新人で開幕一軍を勝ち取り、初登板時は二死満塁の大ピンチでしたが、見事無失点で切り抜けるという勝負強さを発揮しました。

そして、その次の回で失点したものの、その次の試合からは何と8試合連続無失点の快挙を成し遂げました。

新人でこの記録は凄いですね。

 

そのシーズンは、セットアッパーとして活躍し、チームトップの62試合(パリーグ新人最多記録)に登板し、リーグ2位の31ホールドポイントを記録しました。

しかし、その年は元日本ハムの八木智哉選手が大活躍(12勝8敗)をし、新人王を惜しくも逃しました。

 

その後も怪我に泣かされたり、不調のシーズンがあったりとかなりの苦労があったそうです。

そして、2014年からは日本ハムに移籍し、一念発起を願いますが、ここでも思うような成績を残せず、2016年にDeNAへと金銭トレードで移籍することとなります。

 

内臓疾患の病気?

 

2013年のソフトバンク時代に藤岡選手は肝機能低下により内臓疾患の病気を患い、1ヶ月程入院をし、シーズン終了まで投げられないことがありました。

しかし、周りが敬服するほどの地道なリハビリで見事復帰を果たしました。この精神力の強さはさすがアスリートですよね。

 

ですが、病気を患って以降(2014年から)は好成績を残せたシーズンは無いようです。病気の影響が全くないわけではないみたいですね。

 

Sponsored Link


ネット上の反応は?

 

「頑張ってほしい」や「期待しています」といった応援の声が多数ありました。

 

 

 

 

まとめ

 

多少、病気の影響はあるとは思いますが、DeNAは抑えが今不調みたいなので、救世主となる可能性があるので頑張っていただきたいですね!

また、これを機にブレイクしたら、この病気で悩んでいる人たちにも良い影響となると思うので、応援したいと思います。巨人ファンですが…(笑)

 

Sponsored Link


最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

本日のプチネタとして扱ってください。
シェアしていただけたら幸いです。

 

合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)