福岡市の金塊6億円事件は被害者も怪しい!?なぜ半年後に報道?

 

福岡市に大変な事件が起こったみたいですね。すごいネット上でもザワザワしてましたけど。

何やらあのモンタージュで有名な「3億円事件」とさらに越える「6億円事件」が発生したという。しかも金塊って…。

では、この事件の詳細を追ってみます!

 

Sponserd Link


6億円事件って何?

 

2016年春に、福岡市で起こった偽の警官が職務質問中に6億円を奪って逃走するという事件のことです。

 

グループの組織的犯行として、現在犯人を追っているそうです。暴力団関係者という噂も…

 

そういえば、この事件って手口があの事件によく似てますね。あの3億円事件に。

 

3億円事件と似てる?

 

あの事件も白バイ風のバイクに乗った偽の警察が盗んだという手口ですから、ほぼ同じですね。もしかしたら、参考にしたのでしょうか。

 

ちなみに、あの事件は1968年12月10日に起こったものなので、もう40年以上も前の事件なんですね。よくドラマや漫画なので、取り扱われるので有名ですが、そんな前だったとは。

 

被害者も怪しい?

 

Sponsored Link


 

ネット上では、

 

被害者も暴力団関係者じゃないの?

 

という意見も結構多かったです。

 

被害者が金塊にしてすぐに逃走ということから、もしかしたら内部に関与している人物がいるではないかという予想があげられています。

 

こればっかりは、予想でしかありませんが、もしかしたら内部から探した方が早いかもしれませんね。

 

 

 

 

半年後に報道されたのはなぜ?

 

もう一つ疑問なのが、なぜ半年後に報道されたのかということ。

別にすぐ報道しても問題はないですからね。むしろ、すぐ報道して欲しいですけど。

 

ネット上で予想されているのが、「犯人の目処が立ったのではないか」という。

水面下で調査していたけど、もしかしたら犯人の目処が立ったから今になって報道の許可が下りたのではないかという事ですよね。それはそれで安心ですね。

 

また、被害者が持っていた金塊の出どころも怪しいという意見もありましたが、もしかしたらその理由で報道できなかったのも可能性としてあるかもしれませんね。

 

まとめ

 

何とも衝撃的?というかインパクトのある事件ですが、逮捕されなかったら3億円事件のようにずっと受け継がれていくのでしょうね。

 

偽警察とか早く捕まえて欲しい限りです。自分の身近にいたら、かなり厄介ですもんね。6億円とか持ってませんので、勘弁してください。持ってても勘弁してください。

 

3億円事件も結局、犯人は捕まりませんでしたが、あの事件もよく分からない感じで終結しましたよね。

「真実はいつも一つ」とはよく言いますが、いつも一つにならないのが、この世の中。それはそれで、面白いのかもしれませんね。

 

 

Sponsored Link


合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)