グロインペイン症候群の原因とは?平田の復帰はいつになるのか?

 

中日の平田良介選手がグロインペイン症候群という怪我によって一軍登録を抹消されました。

そこで、このグロインペイン症候群とは一体どういう怪我なのか、調べてみました。

まずは平田選手の簡単なプロフィールからご紹介します。

 

Sponserd Link


プロフィール

スクリーンショット 2016-04-05 19.57.00

引用:http://www.asahi.com/

 

生年月日:1988年3月23日(28歳)

出身:大阪府

身長:177センチ

体重:90キロ

 

大阪桐蔭高校時代は、高校通算70本塁打を放つ超高校級スラッガーとして有名でした。甲子園通算5本塁打は史上4位だそうです。

 

中日からドラフト1位の指名を受け、プロの道を歩むこととなります。

プロ入り後は、5年くらい一軍と二軍を行ったり来たりとなりますが、2011年からはほぼ一軍でレギュラーのポジションを争うほどの活躍を見せることとなります。

2015年にはベストナインに選ばれるなど、今じゃ中日の主力メンバーへと成長しました。

プレミア12でも大活躍だったのが記憶に新しいですね。

 

そんな平田選手ですが、まさかの怪我で登録抹消となりました。

 

グロインペイン症候群により登録抹消

 

その怪我というのがグロインペイン症候群というものだそうです。

このグロインペイン症候群というのは、ランニングやキックをする動作などの腹筋に力を入れた時に鼠径部(そけいぶ)やその周辺に痛みが生じる怪我だそうです。

症状としては、安静にしていれば痛みはありませんが、運動をすると再発することがあるということだそうです。

 

その原因としては、主に恥骨に対する過度なストレスや負荷が挙げられるそうです。

主にサッカー選手がこのような怪我をよくするそうですね。

ジダン選手や中村俊輔選手、中田英寿選手もこの怪我に悩まされたそうです。

 

では、なぜ野球選手である平田選手にこのような怪我が起こったのか。

 

Sponsored Link


野球選手がグロインペイン症候群になる原因とは?

 

3b235d8c9200fc64dd82ce990945bd22_s

 

慢性的な疲労からくる下腹部周辺への痛みも原因の一つとして挙げられるそうです。

サッカー選手並に下腹部を使う訳ではありませんし、サッカー選手に多い怪我とはいえ、野球選手には絶対ならない怪我とは限らないみたいです。

また、足首の捻挫や足の打撲や肉離れ、腰痛などの何らかの怪我が原因で問題が生じているにも関わらず、無理にプレーをし続けることも原因となるそうです。

 

グロインペイン症候群はいつ治るのか?

 

ここが一番のポイントなのですが、この怪我は決定的な治療方法はないようです。

数日安静にしていれば、数週間で治る人もいれば、何ヶ月しても治らない人もいるそうです。

つまり、かなり厄介な怪我だということみたいですね。

 

まとめ

 

中日ファンからは早い復帰を待ち望んでいるでしょう。

非常に辛いとは思いますが、リハビリを頑張っていただきたいですね。

 

Sponsored Link


最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

本日のプチネタとして扱ってください。
シェアしていただけたら幸いです。

 

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す