いっこく堂が倒れた原因は迷走神経反射?その症状や対処方法は?

 

いっこく堂さんが先日急に倒れて緊急搬送されたことが話題になりました。

急に倒れた原因が迷走神経反射であるかもしれないという。

その迷走神経反射とは何か調べてみました。

まずは、いっこく堂さんの簡単なプロフィールからご紹介します。

 

Sponserd Link


プロフィール

スクリーンショット 2016-03-23 11.29.39

引用:http://www.hatsukaichi-csa.net/

 

本名:玉城一石(たまきいっこく)

生年月日:1963年5月27日(52歳)

出身:神奈川県

血液型:A型

 

いっこく堂さんは生まれは神奈川県ですが、沖縄県で育ったみたいです。

高校時代も沖縄で過ごし、沖縄県立北谷高等学校を卒業されたみたいです。

高校在学中からモノマネを得意としていて、それが今の芸の原点となっているみたいですね。

今は腹話術でモノマネしますから本当にすごいですよね。

 

そして、高校を卒業した後、俳優を志して、日本映画学校(現在は日本映画大学)に入学しました。

日本映画学校を卒業後、劇団民藝に俳優として入団しました。

劇団の宴会の場で腹話術を披露したところ、当時、民藝の中心俳優であった米倉斉加年さんから腹話術師への道を勧められ、そこから本格的に腹話術師を目指すようになったみたいです。

 

そして、腹話術を磨くために海外に留学して修行をし、その後、帰国をし、『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』のライブ企画「第11回OWARAIゴールドラッシュII」優勝をきっかけにブレイクを果たしました。

そこからは皆さんもご存知、様々なテレビやライブで大活躍をしました。

 

そんないっこく堂さんが突然倒れたとされる事故が起きました!

 

いっこく堂が突然、倒れる!?

 

ある記事によると、3月20日の深夜に突然のめまいで倒れ、顔面血だらけとなり救急搬送しました。その後、軽い「外傷性くも膜下出血」、「両側前頭葉脳挫傷」のため入院していたことが分かりました。

その倒れた原因は一体何だったのか…

 

Sponsored Link


 

いっこく堂さん本人が言うには、「断定はできないのですが、『迷走神経反射』ではないかと思われています。特に持病もない人でも、何かのきっかっけで起こるめまいの症状だそうです」と語っていました。

ではその迷走神経反射とは一体どういう病気なのか。

 

迷走神経反射とは?

 

調べたところ、「自律神経のバランスが崩れ、血圧や心拍数の低下から脳に十分な血液を送れなくなることで起きる、さまざまな症状の総称である」病気だそうです。

原因としては、以下のことが挙げられるそうです。

 

・長時間の立位
・陣痛などの激しい痛み
・注射や採血
・激しい運動
・脱水
・排便、排尿
・飲酒
・睡眠薬服用

引用:https://www.kango-roo.com/word/7117

 

また、主な症状としては以下のことが挙げられるみたいです。

 

・心拍数の低下
・血圧の低下
・顔面蒼白
・吐き気
・熱感、寒気
・めまい
・冷や汗
・視界が悪くなる
・失神

引用:https://www.kango-roo.com/word/7117

 

原因も症状も普通に生活している中で起こりそうな出来事ばかりですよね。

特に失神やめまいを起こしてしまったら、すぐに病院に行った方がいいみたいですね。他の症状でもある可能性もありますが。

また、対処方法としては以下のことが挙げられます。

 

迷走神経反射への対処としては、失神は立位(立った状態)で起こるので、前兆が出てきたら無理せず座る事、そして臥位(横になる状態)になっていれば気を失うことは殆どないので速やかに横になる。

引用:http://health-kenkou.hatenablog.com

 

その症状になったら、とにかく横になるのがベストみたいですね。

また、横の状態で吐くかもしれないので、気道がふさがらないように注意した方がいいみたいです。

 

まとめ

 

僕が小さい頃からエンターテイナーとして大活躍をしていた、いっこく堂さん。

早く復帰していただきたいですね!応援しています。

 

Sponsored Link


 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

「プチネタ」として使ってください!
シェアの方もよろしくお願いします!

 

合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)