iPhone6sと中国製100Cは全然似てないと話題に!今後の展開は?

 

iPhoneが中国で販売禁止になったことが世間で話題になっているみたいですね。

そこで、この話題について色々と掘り下げていきたいと思います。

まずは、この報道について簡単に説明します。

 

Sponserd Link


IPhoneが中国で販売禁止!

 

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

 

中国メディアによると、北京市知的財産局は18日までに、米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」の外観が中国企業の製品と酷似しているとして、市内での販売停止を命じた。

引用:時事通信

 

この北京市知的財産局の命令により、アップルは取り消しを求めて知財裁判所に提訴した…との報道がありました。

これが認められろと、アップルからしてもかなりの大ダメージですよね。

中国は日本と並ぶかもしくそれを凌ぐ程の最重要市場でもありますし。

 

ネット上では…

 

それは逆じゃないのか?

 

完全にあたり屋

 

真似した方が真似するなとはどういう感覚?

 

やはり、中国側の対応に否定的な意見、疑問視する声が多数あがっています。

今までの「パクリ」疑惑の例があるので、これは仕方ない気もしますが。

 

そもそも問題になっている「iPhone6s」と「6プラス」、この二つの端末は本当に類似しているのか。

 

本当に似ているのか?

 

Sponsored Link


 

実際に比較してみました。

まずは、iPhone6s(アップル)の写真はこちら。

 

スクリーンショット 2016-06-18 12.45.15

引用:http://www.apple.com/jp/shop/

 

いつ見ても美しい洗練されたデザインだこと…

ま、それは置いといて。

 

次に、6プラス(中国)の写真はこちら。

 

スクリーンショット 2016-06-18 12.51.42

引用:http://mera.red/

 

いや、思いの外、全然似てない…

 

と思ってしまったのは気のせいでしょうか… 自分だけでしょうか。

これは完全にアイフォンと別物でしょうね。

よくこれで「パクリだ」と言えましたね。すごい自信。

 

また、ネット上でも「全然似ていない」や「スマホは大体こういう形だろ」という意見もありました。

それを言えば、Galaxy辺りの方が似ているような気がしますが…(それも五十歩百歩ですが)

 

今後の展開は?

 

今のところ販売が続いているそうですが、「パクリ」と言われたアップル側はもし特許侵害ではないとしても(実際違うでしょうが)、今後の販売を続けていくのかどうか。

そして、中国の国民はこの対応に納得しているのかどうか。

今後の展開がどうなるか、見ものですね。

 

あとがき

 

また、中国は評判を下げてしまったと言わざるを得ない状況になりましたね。

ここまで潔い感じだと逆に何も言われなくなるかもしれませんがね。

 

それにしても「パクリ」を「パクリ」と言うやり方…

新手のクレーマーみたいですね(笑)

 

Sponsored Link


「iPhone」関連記事

 

e2bab8c7a4953e1f22240ad3a2ed66a3_s

 

iPhone5sから買い替える人必見!新型iPhoneSEとの比較を検証!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

 

 

合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)