日本アカデミー賞最優秀主演男優賞、獲得数ランキング!1位はやっぱりあの人?

 

日本アカデミー賞を語る上で外せない賞の一つ、最優秀主演男優賞。

その最優秀主演男優賞の獲得数ランキングの第1位はやっぱりあの大御所でした!

まずは獲得数2回の第3位から発表します。ちなみに7人います。

 

Sponserd Link


 

第3位 吉岡 秀隆 2回(2006,2008)

スクリーンショット 2016-03-05 11.10.07

引用:http://laughy.jp/

 

生年月日:1970年8月12日(45歳)

出身:埼玉県

身長:172センチ

血液型:A型

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・2006年「ALWAYS 三丁目の夕日」

・2008年「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

 

「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズで獲得しましたね!

この映画には何度も泣かされました。

 

 

 

第3位 渡辺謙 2回 (2007、2010)

スクリーンショット 2016-06-10 21.02.14

引用:http://topicks.jp/

 

生年月日:1959年10月21日(56歳)

出身:新潟県

身長:184センチ

血液型:A型

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・2007年「明日の記憶」

・2010年「沈まぬ太陽」

 

ハリウッドのイメージがありますが、日本のアカデミー賞も2度受賞されていたんですね〜。

 

 

 

第3位 本木 雅弘 2回 (1993、2009)

スクリーンショット 2016-03-05 11.15.12

引用:http://www.oricon.co.jp/

 

生年月日:1965年12月21日(50歳)

出身:埼玉県

血液型:A型

身長:174センチ

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1993年「シコふんじゃった。」

・2009年「おくりびと」

 

「おくりびと」で獲得する前の10年以上前にも「シコふんじゃった。」で獲得していたみたいですね。

今回、2015年度の日本アカデミー賞でも最優秀助演男優賞も獲得しました。

 

 

 

 

第3位 寺尾 聰 2回 (2001、2005)

スクリーンショット 2016-03-05 11.19.12

引用:https://middle-edge.jp/

 

生年月日:1947年5月18日(69歳)

出身:神奈川県

身長:176センチ

血液型:A型

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・2001年「雨あがる」

・2005年「半落ち」

 

数多くのドラマにも出演されていますね。

個人的にはキムタクが主演していた「CHANGE」の時の寺尾さんがかなり好きです。

 

 

 

 

第3位 役所 広司 2回 (1997、1998)

スクリーンショット 2016-03-05 11.22.31

引用:http://www.sankei.com/

 

生年月日:1956年1月1日(60歳)

出身:長崎県

身長:179センチ

血液型:AB型

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1997年「Shall we ダンス?」

・1998年「うなぎ」

 

2年連続で受賞されていたんですね。ビックリです。

この方のオーラはハンパじゃないですよね。

男から見てもめちゃくちゃカッコイイです。

 

 

 

 

第3位 西田敏行 2回 (1989、1994)

スクリーンショット 2016-06-10 21.21.19

引用:http://news.livedoor.com/

 

生年月日:1947年11月4日(68歳)

出身:福島県

身長:166センチ

血液型:B型

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1989年「敦煌」

・1994年「学校」

 

日本アカデミー賞のMCの西田さんは2回受賞されていました!さすがですね。

最近、病気の方だったり怪我の方だったりと体調の方がかなり悪いようなので、無理をせず、養生していただきたいですね。

関連記事:頸椎亜脱臼の症状や原因とは?西田敏行氏の手術後の影響は?

 

 

 

 

第3位 山崎努 2回 (1985、1988)

スクリーンショット 2016-03-05 11.29.58

引用:http://www.zakzak.co.jp/

 

生年月日:1936年12月2日(79歳)

出身:千葉県

血液型:A型

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1985年「お葬式 / さらば箱舟」

・1988年「GO」

 

山崎さんもこの賞を2回獲得されていました。

世代じゃないので、ドラマのイメージしかありませんが…。(世代の方、スミマセン)

 

 

そして、3回獲得の第2位は…? ちなみに、二人います!

 

Sponsored Link


 

第2位 緒形拳 3回 (1979、1984、1987)

スクリーンショット 2016-03-05 11.40.30

引用:http://www.oricon.co.jp/

 

生年月日:1937年7月20日

没年月日:2008年10月5日(満71歳没)

出身:東京都

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1979年「鬼畜」

・1984年「楢山節考」

・1987年「火宅の人」

 

緒形拳さんが3回受賞されていました!

個人的には「武士の一分」の時の拳さんぐらいしか、見た事ないのであまり語れませんが…。

ただその時、すごい存在感を放っていたのを覚えています。

 

 

第2位 三國 連太郎 3回 (1990、1992、1996)

 

スクリーンショット 2016-03-05 11.45.37

引用:http://www.oricon.co.jp/

 

生年月日:1923年1月20日

没年月日:2013年4月14日(満92歳没)

出身:群馬県

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1990年「利休」「釣りバカ日誌」

・1992年「息子」

・1996年「三たびの海峡」

 

名前でしか聞いた事がありませんが、息子があの有名な佐藤浩一さんだったんですね。今の20代は絶対知りませんね。

 

 

 

そして

第1位は…?

 

 

 

第1位 高倉健 4回 (1978、1981、1982、2000)

 

スクリーンショット 2016-03-05 11.49.48

引用:http://www.asahi.com/

 

生年月日:1931年2月16日

没年月日:2014年11月10日(満83歳没)

出身;福岡県

 

日本アカデミー賞「最優秀主演男優賞」受賞作品

 

・1978年「八甲田山」、「幸福の黄色いハンカチ」

・1981年「動乱」、「遥かなる山の呼び声」

・1982年「駅 STATION」

・2000年「鉄道員(ぽっぽや)」

 

健さんが通算4回獲得という結果で第1位でした!

ちなみに1978年はアカデミー賞第1回目だそうです。

そして20年後の2000年にも獲得するんだから、本当にすごいですね。

 

まとめ

 

これを機にもう一度、日本アカデミー賞作品を見てみようと思います!

また海外のアカデミー賞作品にも興味が湧きました。

ちなみに女優編はこちらです。

 

 

Sponsored Link


最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

シェアしていただくと幸いです!

 

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す