原樹里選手の父の職業と兄弟の名前が珍しい!?すごい家族と話題に!

 

ヤクルトの期待の大型ルーキー、原樹里選手の家族がいろんな意味ですごいと話題になりました。

そこで、原樹里選手について調べてみました。

まずは原選手の簡単なプロフィールからご紹介します。

 

Sponserd Link

プロフィール

 

スクリーンショット 2016-03-27 11.21.28

引用:http://www.nikkansports.com/

 

生年月日:1993年7月19日(22歳)

出身:兵庫県加古川市

身長:180センチ

体重:79キロ

 

小学校1年生から軟式野球を始め、名門校の東洋大学附属姫路高等学校、通称「東洋大姫路高校」に進学しました。

2年生からエースを務め、3年生の夏には夢だった甲子園にも出場を果たしました。

結果はベスト8でしたが、甲子園での活躍もあってアジア大会の日本代表にも選ばれたそうです。

そして、高校卒業後は東洋大に進学をし、4回生の時には主将を務めたり、リーグの最優秀投手になったりと大活躍だったみたいです。

そして、ヤクルトからドラフト1位で指名を受け、プロへと進みました。

 

という感じで、ここまで「よくあるドラフト1位ルーキー」のシナリオですが、そんな原選手の家族がある意味すごいと話題になりました。

それでは、一体何がすごいのか。

 

原選手の父は珍しい職業?

 

珍しいことに、原選手のお父さんの職業が「声楽家」だそうですね。

勉強不足で申し訳ないんですが、声楽家があまりピンとこなかったので、調べてみました。

声楽は器楽に対する語で、声楽家は歌曲・合唱曲・オラトリオ・カンタータ・オペラなどの声楽を職業とする人。
その音域は男女で分けられ、女性は高音からソプラノ、メゾ・ソプラノ、アルトとなり、男性は高音からテノール、バリトン、バスとなる。

引用:http://chigai-allguide.com/

 

歌手の中に声楽家が含まれるみたいですね。

また、オペラ歌手は声楽家の中に含まれますが、、声楽家だからといってオペラ歌手とは限らないそうです。

原選手のお父さんは、欧米の考え方に影響を受けたこともあり、日本流のやり方があまり好きじゃないみたいで、あれをやれ、これをやれという教育はせずに本人のやりたいように自由にさせたかったみたいです。

 

ただ僕が言いたいのは声楽家というお父さんがいる環境が本当に珍しいなということです。

周りで聞いたことありませんしね。

ちなみにお父さんの年齢は80歳を越えているそうです。

 

色々とすごいですよね。

ま、良い悪いは別にないんですがね(笑)

 

原選手の兄弟は珍しい名前?

 

Sponsored Link

原選手は3人兄弟で一番下の末っ子みたいですが、一番上の兄の名前が「玲奈(れいな)」、次男の兄の名前が「理恵(ちさと)」だそうです。

これにはさすがにネット上も「え、3姉妹?」や「何かの間違い?」と言ったびっくりしたリアクションを見せていました。

 

そういえば、原選手も名前が樹里ですから、伏線みたいなのはありましたね。

しかし、何でわざわざよくありそうね女の子の名前にしたんですかね。しかも3人共に。

どうしても女の子が欲しかったんですかね…?

 

まとめ

 

このことで話題になるのも原選手としては想定外だったかもしれませんが、ルーキーとして開幕1軍入りを果たしたという実力もあります。

次はそっちで話題になるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

「プチネタ」として使ってください!
シェアの方もよろしくお願いします!

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)