【月9ラブソング】吃音とは一体何か?その症状の原因や改善策は? 

 

福山雅治さん主演の月9「ラヴソング」がついに放送されました!

そこで今回の月9、”吃音”がキーワードとなっているみたいですね。

『吃音とは…?』

具体的に知らない方のためにも調べてみました。(僕も正直…)

 

まずはこのドラマについて簡単に説明します。

 

Sponserd Link

「ラヴソング」とは…?

スクリーンショット 2016-04-11 22.46.22

引用:https://mii2.jp/

 

あらすじを簡単に説明しますと以下の通りです。

「元プロミュージシャンの男が、天賦の歌声をもつ女性と出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけていた人生を取り戻す。今までにない、感動のヒューマン&ラブストーリー」

 

月9の視聴率低迷ををかけて主演に福山雅治さんを抜擢したみたいですね。

フジテレビからしても満を持しての福山雅治さん主演ということで、かなり力を入れているみたいです。

 

そして、注目すべきヒロインが藤原さくらちゃん。

月9で連続ドラマ初出演というミュージシャンの方だそうです。

何ともドラマのようなキャスティング。(ドラマではあるけど…)

詳しくはこちらも⇒藤原さくらの態度が生意気だと問題に!?実際に観てみたところ… 

 

その藤原さくらちゃんが演じたヒロインが吃音という障害を持っていることが分かりました。

 

吃音とは…?

 

吃音とは一般的には「どもり」と言われている‘コミュニケーション障害’です。
言葉が流暢に出ず、喋りにくさを特徴とします。言いたい言葉が頭で分かっていてもなかなか出てきません。

引用:http://www.geocities.jp/

 

頭の中で思い描いた言葉がうまく伝わらないというコミュニケーション障害の一つだそうです。

例えば、「こんにちは」という時「こ、こ、こ、こんにちは」となるように、最初の発音の時点でことばを噛むようになったり、発声が困難なために顔をしかめてしまったり、無意識に足や身体が動いてしまう等の症状もあるみたいです。

何とも厄介な症状ですね。

 

Sponsored Link

吃音の原因は?

 

それでは、なぜこのようなことが起きるのか。

それは、一般的には幼少期の頃のトラウマだったり、厳しいしつけ等が原因であると言われています。

意識の違いはどうにかできるかもしれませんが、幼少期の頃のことはかなりどうしようもない気がしますね。

 

※追記

この情報は過去の誤った情報でした。申し訳ありません。

近年、吃音の原因は一人一人違うことが分かり、一つの原因説で全ての吃音者の原因を説明することはできないと考えられているみたいです。

幾つかの原因があって、それらが重なり合って考えられているようになったようです。

一般的には、20世紀になって研究された吃音の原因は、大きく3つに分けられるそうです。

 

・素因論(本人の身体や遺伝的要因)

・神経症説(本人の身体的不安や葛藤、自我の強さ)

・学習説(周囲から与えられた刺激に対する反応として身につくもの)

 

これといった定説はないとはいえ、これらの原因説をあてはめると少なくともその人の吃音に関しては説明できるそうです。

 

教えていただいた「36歳の吃音者」さん、ありがとうございました。

参考サイト:日本吃音臨床研究会

 

どうやったら克服できるのか?

 

とにかく「意識しすぎない」ことが最優先だと言われているみたいです。

しかし、実際問題、それも厳しいところですよね。

無意識に出る可能性だってあるんですから。意識するなと言われたら余計気にしそうな気も。。

 

そこで、本格的な治療を希望する場合は、別の方法があるみたいです。

言語訓練士による訓練を受けるのが望ましい治療と言えるようです。

病院に行ってでも治したいという方にはオススメです。

 

このヒロインの「吃音」の演技の評判は?

 

話はドラマに戻りますが、「吃音」という何とも難しい演技ですよね。

しかし、そんな難しいドラマも好演だったみたいで、かなり評判はイイみたいです。

 

 

https://twitter.com/ptx313/status/719523498968817665

 

https://twitter.com/marukarashi2508/status/719516239425445888

 

まとめ

 

僕は正直、このドラマを観て初めて吃音という言葉を知りました。

そして、「そうか、この人も吃音だったのか…」と改めて気付かされました。

バカにしてはいませんでしたが、いつも「なぜ…?」とは疑問に思ったりしていました。

もしかしたら、今まで吃音をバカにしていた人もいたかもしれません。

でも、このドラマのおかげで、もうそういうことは今後なくなっていくでしょうね。

そんな感じがします。

 

…というような、ドラマの影響力の高さも改めて気付かされました。

第2話も期待しています!

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)