ワンバック選手が認めたコカインとは?ごく少量でも危険な薬物?

 

元女子サッカーアメリカ代表のワンバック選手がマリファナやコカインを使用していたことが明らかになりました。

そのニュースの内容の中でも、コカインについて色々と調べてみました。

まずはワンバック選手の簡単なプロフィールからご紹介します。

 

Sponserd Link

ワンバックのプロフィール

 

本名:メアリー・アビゲイル・ワンバック

生年月日:1980年6月25日(35歳)

身長:180センチ

 

2003年に代表候補合宿に招集され、2003年の『FIFA女子ワールドカップ』では、決勝トーナメントのノルウェー戦でゴールを決め、チームのベスト4に貢献をしました。

その後も、何度も世界大会で代表のポイントゲッターとして大活躍をしました。

また、アメリカ代表の中でも最多得点記録となる184得点という実績を持っていて、昨年の3度目となるW杯優勝の立役者でもありました。

 

そんな彼女がまさかの薬物使用が発覚しました。

 

マリファナ、コカインを使用!?

 

 

飲酒運転で逮捕されていたみたいで、その時の事情聴取で過去の使用を認めたそうです。

本人は、「24歳のときに初めて薬物を使用し、25歳の時にマリファナを使用したこと」や、「25歳のときにコカインを試した」ことを認めたそうです。

 

24,5歳とはいつ頃のこと?

 

ちなみに現在35歳なので、24,5歳とは2004、5年頃かと思われます。

2004年といえば、アテネオリンピックでアメリカ代表が金メダルを獲得した時ですよね。

もちろんこの時もバリバリ活躍しています。

何なら決勝のブラジル戦で勝ち越しゴールを決めています。

この時から薬物を使用していたこととなると驚きですね。

 

コカインとは?

 

Sponsored Link

僕だけかも分かりませんが、どうもコカインについてあまり知識がなかったので、詳しく調べてみました。

コカインは、「一回やっただけで、もののみごとに虜になるクスリ」と言われているぐらいごく少量でも危険や薬物だそうです。

また、コカインの最も特徴的な中毒症状としては、皮膚と筋肉の間に虫がはいまわるような感覚が起こることがあり、脳への影響も非常に大きいそうです。

このような最悪の症状でもやめれなくなるそうなので、依存性がかなり高いみたいですね。

 

ネット上の反応は?

 

ネット上では、「コカインはダメでしょ」や「人格者だと思っていたのに、残念だ。」といったコメントが多くありました。

また、ドーピングもしている可能性があるんじゃないかという疑問視する声も。

 

 

 

 

あとがき

 

最近、ドーピングやら薬物やらそのような話題が多くて、本当に残念で仕方ないですね。

薬物ではありませんが、シャラポワ選手もドーピングに引っかかった事件がありましたね。

詳しくは⇒シャラポワが使用したメルドニウムの驚くべき効果とは?

 

使用してしまった過去は変えられないので、これからどうすべきかを考えなければなりませんね。

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

本日のプチネタとして扱ってください。
シェアしていただけたら幸いです。

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)