佐川急便の評判がひどいw配達員の荷物ぶん投げ事件きっかけに露呈

 

またとんでもない事件が発覚しましたね。

佐川急便の配達員が荷物をぶん投げている動画がネット上で話題になっていました。

これ、もし自分の荷物だったら…と考えたらゾッとしますね。

 

そこで、佐川急便という会社自体の評判を色々な所から調べてみたので、

それをまとめてみたいと思います。(ブラックorホワイト…?)

 

Sponserd Link

佐川急便の配達員が荷物をぶん投げ事件

 

そもそも事の発端は、例の動画がアップされていたことがすべての始まりでした。

 

 

ある男性配達員がダンボールをものすごい勢いで台車に投げつけたりしていますね。

通行人の方々、結構な感じでドン引きしております。。

 

ネット上でも「これはヤバイ…」「さすが佐川男子」などという反応がありました。

確かに、これはヤバイですね。街中にあんな人がいたら警察呼びたくなりますね。

 

「佐川郵便が事実を認めて…」

 

そして、佐川急便がこの報道を受け、この動画は事実だと認める結果になりました。

この当の本人は、「色々なことにイライラしてしまった」という。

 

ちなみに、その荷物のクレームは今の所はまだないようです。

 

正真正銘のブラックなのか?

 

Sponsored Link

この事件で改めて認識せざるを得なくなったのが、佐川急便の”ブラック”企業という評判でしょう。

 

佐川急便は以前から「ザ・体育会系」の評判でした。

そして、1日を通して休憩がないほどの激務だという…。

 

自分も以前、某引っ越し業者でアルバイトをした経験がありましたが、

確かに「ザ・体育会系」のような人が多く、

 

それも「スポーツマンシップにのっとった」ような真面目で、礼儀正しいパターンではなく、

いきなり「これをしろ」というなぜか初っ端から命令口調、人を見下したかのような発言多数…

 

仕事内容は別にそこまででもありませんでしたが、あれは常軌を逸していた環境だったように思います。

(もちろん、それが全てではないし、現場は悲惨でしたが、事業所の方は結構割と”イイ感じ”の人が多かったです)

 

話は逸れましたが、

佐川急便がブラックという評判も割と多かったのですが、それ以上に多かったのが、

「お客様への対応の悪さ」ということでした。

 

タバコ片手に配達?

 

こんなエピソードもありました。

 

佐川の配達員がタバコ片手に荷物を持ってくる
→佐川に苦情
→謝罪
「申し訳ございません。配達員は二度とお宅へ行かせません」
→次の1回目の配達

同じ配達員「おるかー、禁煙したからこれからもよろしくな」

 

ここまで来たらもはや笑ってしまいますね。仕事をなめすぎ…

 

また、こんなエピソードもありました。

 

ノートPCを通販で買って、届いた箱には穴がありました。

何で穴があるの?って聞いたら「知らんわ!サインせえや!受け取ったあとそれに問題あってもうち知らんで!」という対応。

 

まさかの逆ギレ対応。「えっ、何かすみません…」って感じ。

 

このようなエピソードがまだまだネット上には眠っていました。

ある意味、”ネタ”みたいなものですが、実際に身の回りで起きたらこんな迷惑なことはありませんけどね。

 

まとめ

 

・佐川急便はブラックという噂多数

・それ以上に客対応の悪さが酷すぎ

 

ブラックかどうかは別にしても、こういう対応は改善していくべきだと改めて思いましたね。

そして、こういう対応されたらすぐにでも、クレームをしましょう。

(ハードなクレーマーにならない程度に)

 

じゃないと、一向に改善されないと思うので、佐川急便のためにも心を鬼にして、”クレーマー精神”を大事にしましょう。

 

Sponsored Link

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)