高橋純平の現在の評価はどう?怪我後、2軍初登板の評判は?

 

今日はソフトバンクの黄金ルーキー高橋純平投手について取り上げてみたいと思います。

まずは、簡単なプロフィールからご紹介したいと思います。

 

Sponserd Link


プロフィール

 

スクリーンショット 2016-05-28 17.40.27

引用:http://trend-trend-hothot.com/

 

生年月日:1997年5月8日(19歳)

出身:岐阜県

身長:183センチ

体重:81キロ

 

2015年の春の選抜、夏の甲子園を沸かした高橋純平投手。

怪我に泣かされ、夏の甲子園で無念の途中降板は今でも鮮明に記憶に残っています。

それぐらい、記憶にも記録にも残る選手でした。

 

2015年のドラフト会議では、3球団の競合の末、ソフトバンクが見事にくじを引き当てて1位で指名されます。

地元から近い中日ではありませんでしたが、”最強ソフトバンク”に入団するということで、より一層向上心みたいなのが強くなったと思います。

個人的には、巨人に欲しかったですが…(笑)

 

2016年シーズン、開幕1軍の可能性もありましたが、新人合同自主トレで左すねの張りを訴えて、リハビリからスタートすることとなります。

結構、怪我の多い選手なんですかね。ちょっと心配ですが。

 

「ケガを早く治して、キャンプ中にはブルペンに入りたい」と語っていたそうです。

また、このケガにより「ストレッチの時間が足りていない」と自覚するようになったそうです。こういう細かい気づきって大事ですよね。

けがの功名とはよく言いますが、今回のケガによってまた新たな課題みたいなのが見えてきたのかと思います。

 

そして、このリハビリ期間を経て、初のイースタン、2軍で登板することとなりました。

 

初の実践はどうだった?

 

Sponsored Link


 

3回から登板し、2回3安打2失点(1被本塁打)の結果に終わったようです。

これはまずまずの結果でしょうか。

 

また、初ボークが初被弾という珍記録も樹立?したそうです。

これはかなり珍しい。 というかボークで本塁打って初めて聞いた…

 

MAX148キロだったそうですし、次に期待…ってところでしょうか。

 

ネット上の評判はどう?

 

 

 

 

現在の評価は?

 

かつて各球団のスカウトからは「大谷級」や「スケールが大きい選手」と高い評価を得ていました。

今回の2軍でのピッチングは、一体どう評価されたのでしょうか。

まだ、具体的にどう評価されたか公表されていませんが、プロからどう判断されたのか楽しみですね。

おそらく、今週のスポーツニュースとかで色々と意見があがってくるでしょう。

 

ちなみに、チームメイトの明石選手は「パワー系で重いボール、不思議な球筋だ」と評されたようです。

 

 

あとがき

 

将来のソフトバンクのエース候補としても過言ではない高橋純平投手。

これからのご活躍、期待しています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

 

Sponsored Link


この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す