梅丹本舗のドーピング問題になった原因は?禁止された全8種類まとめ

 

日本自転車競技連盟が公式スポンサーを結ぶ梅丹本舗が今、ドーピング問題で話題になっているみたいですね!

そこで、この話題について深く掘り下げていきたいと思います。

まずは、今回起こった出来事を簡単に説明します。

 

Sponserd Link


今回の出来事の概要

 

公益財団法人・日本自転車競技連盟(JCF)が公式スポンサー契約を結ぶ健康補助食品販売会社「梅丹(めいたん)本舗」(大阪府摂津市)の2製品から世界反ドーピング機関(WADA)で禁止されている、たんぱく同化ステロイドが検出されたことが20日、分かった。

引用:yahoo news

 

このことにより、アスリートの方の使用中止が決定となったそうです。

今回の出来事で一番驚いたのが、公式スポンサーの梅丹本舗の製品から検出されたことですよね。

 

ということは、

他のアスリートにも影響が出るのではないのか…

 

そう思われる方も多いのではないかと思います。

そもそも、どの製品から検出されてしまったのか。

 

検出された2製品とは?

 

スクリーンショット 2016-04-21 8.15.30

 

梅を液体状に加工した「古式梅肉エキス」と粒状のサプリ「トップコンディション」の2製品だそうです。

これらを摂取したことがあるアスリートの方は要注意ですよね。

関連記事:梅丹本舗の古式梅肉エキスの具体的な効果は?ステロイドの影響は?

 

問題が起こった原因とは?

 

Sponsored Link


 

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)から審査が義務づけられていないため、梅丹は審査を受けていなかったそうで、適切な検査機関が見つからず、日本自転車競技連盟(JCF)からの指摘もなく、野放し状態となっていたそうです、

つまり、JCFの管理責任が問われる形になりそうですね。

 

また、選手からステロイドが検出される可能性については現在のところは「分からない」としているそうです。

選手から検出されたらそれこそ大問題ですよね。

 

使用中止となった8製品とは?

 

古式梅肉エキス
トップコンディション
梅丹スーパーエキストラゴールド
梅丹エキストラゴールド
梅丹
サイクルチャージ
サイクルチャージカフェインプラス
サイクルチャージカフェイン 200

 

それにしても10製品テストに出して8製品アウトはかなりヤバイですよね。。

 

まとめ

 

選手から検出されることも、どれほどの選手が服用したのかも現時点で分からないみたいなので、また詳しいことは報道されることとなりそうですね。

ただ、リオオリンピックも近づいているので、選手たちは不安でしょうね。

早急に解決していただきたい問題です。

 

 

Sponsored Link


最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

 

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す