和田光司が患った上咽頭がんの症状とは?二度の再発を乗り越えた!

 

アニソン歌手で有名な和田光司さんが42歳という若さで亡くなられたことが分かりました。

その死因となる病気が上咽頭がんだったそうですが、この病気について全然知識がなかったので、調べてみました。

そこで、和田光司さんの簡単なプロフィールからご紹介したいと思います。

 

Sponserd Link

プロフィール

スクリーンショット 2016-04-08 15.10.57

引用:http://laughy.jp/

 

生年月日:1974年1月29日

出身:京都府

血液型:B型

 

1999年にテレビアニメ『デジモンアドベンチャー』の主題歌「Butter-Fly」でメジャーデビューをしました。

この曲はオリコンチャート47位にランクインし、和田さんの代表作となりました。

僕もこの曲がきっかけで和田さんのことを知りました。

カラオケでも若い世代がよくこの曲を唄いますね。

 

その後も、『トランスフォーマー カーロボット』や『デジモンシリーズ』などの主題歌を担当し、人気アニソン歌手として地位を確立させました。

しかし、そんな和田さんにも悲劇が襲いかかります。

 

「5年後の生存率は40%」のガンを患う

 

2003年に上咽頭癌の病気にかかりました。

当時、まだ30歳くらいですから、相当ショックだったでしょうね。

医者にも「5年後の生存率は40%」と宣告されたそうです。

 

そして、歌手活動も一旦休止することになり、療養生活となりました。

その療養生活が上手くいったのか、その2年後に歌手に復帰することができました。

 

しかし、復帰してから数年後の2011年にまた癌の再発が発覚します。

そして、再び活動休止を発表することとなります。

その2年後に再度歌手へと復帰しますが、2016年4月3日に亡くなられたことが分かりました。

 

上咽頭がんとは?

 

スクリーンショット 2016-04-08 15.44.46

引用:ガン治療ナビ

 

和田さんが患った病気、上咽頭がんについて調べてみました。

そもそも人の喉は、咽頭(いんとう)と喉頭(こうとう)の二つに分けられ、上咽頭というのは、鼻腔からのどちんこ辺りを指すそうです。

上咽頭がんはその周辺に発生する悪性腫瘍だそうです。

詳しくは⇒ガン治療ナビ

 

どういう人になりやすいのか?

 

男女比としては3:1で男性に多く、年齢的には40~70歳代に多発していますが、10~30歳代にもみられるそうです。

喫煙、飲酒、熱い飲食物もリスクを高くすることが確実とされているようです。

 

日本では人口10万人あたり年間0.2〜0.3人の発生頻度で、稀にみるガンだそうです。

しかし、若い人でもなることがあるので、他人事とは思えませんね。

 

Sponsored Link

初期症状としては?

 

  • 難聴・耳鳴り・視力低下
  • 喉の痛み
  • 扁桃腺の腫れ

 

また、首が締めつけられるような圧迫感などもあるみたいです。

この病気の恐ろしいところは、初期症状が分かりづらく、症状が表れた頃にはガンがかなり進行しているそうです。

かなり厄介なガンですね。

 

ネット上では?

 

 

https://twitter.com/fuji_lila/status/718321421181693954

 

 

 

まとめ

 

42歳という若さで亡くなられ、本当にお悔やみ申し上げます。

和田さんは、二度目の医師から完治と通告された直後の再発だったそうで、相当ショックを受けたそうです。

しかし、「使命感で歌い続けるのではなく、歌える時に歌って、歌えなくなったらまた休めばいいじゃない」と知り合いに言われたのをきっかけに、二度のガンとの闘いがあっても歌手活動を続けたそうです。

こういう方がいることで、ガン患者の方ももしかしたら救われるかもしれませんね。

 

Sponsored Link

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)