山本篤(陸上)の出身高校や成績は?パラリンピック金メダル候補!

 

山本篤選手が走り幅跳びで世界新記録を樹立したことが話題となっています!

そこで、山本篤選手について色々と調べてみました!

まずは、簡単なプロフィール、経歴などをご紹介したいと思います。

 

Sponserd Link


プロフィール

スクリーンショット 2016-05-01 18.40.30

引用:http://www.kanpara.com/

 

生年月日:1982年4月19日(34歳)

出身:静岡県

身長:167センチ

体重:59キロ

所属:スズキ浜松アスリートクラブ

 

小学生の頃からスポーツがすごい好きで、野球やバレーボールなどに取り組んでいたそうです。

地元静岡県の掛川西高等学校に在学中はバレーボール部に所属していたそうです。

垂直跳び1メートル越えという運動神経抜群の高校生だったそうですが、ある悲劇に襲われます。

 

大きな怪我を…

 

高校2年生の時にスクーターで大事故を起こし、手術によって止むを得ず左足を大腿部分から切断するということに…

これは辛い結果。

よりにもよって高校生という果敢な時期に義足の人生を歩む結果となりました。

 

義足スポーツに挑戦する

 

高校卒業後に、名古屋にある日本聴能言語福祉学院義肢装具学科に入学することとなりました。

そこで、知り合いに勧められ陸上競技を始めることにしたそうです。

そして、いきなり活躍することとなりました…

 

デビューしてからいきなり日本記録!?

 

デビューしてから数ヶ月後には100メートル走で日本記録の13秒86にあと0.2秒と迫る14秒06で優勝したそうです。

やはりバツグンの運動神経を持っていたんでしょうね。

 

その後も様々な大会で同様に活躍し続け、2008年の北京パラリンピックに出場を果たしました。

 

Sponsored Link


主な成績

 

2008年 北京パラリンピック

走り幅跳び 2位

 

2009 IWAS世界競技大会

100メートル 3位

200メートル 2位

走り幅跳び 3位

 

2010 アジアパラ競技大会

100メートル 1位

 

2011 IPC 陸上競技世界選手権大会

100メートル 3位

200メートル 3位

走り幅跳び 3位

 

IWAS 世界大会 2011

100メートル 2位

200メートル 2位

走り幅跳び 2位

 

2012 ロンドンパラリンピック

100メートル 6位

200メートル 8位

走り幅跳び 5位

 

数々の世界大会ではもちろん、オリンピックでも輝かしい成績を残しています。

 

走り幅跳びで新記録達成

 

リオデジャネイロ・パラリンピック代表選考会を兼ねた、障害者陸上の日本パラ陸上選手権大会は1日、鳥取市のコカ・コーラウエストスポーツパークで最終日があり、男子走り幅跳びT42クラスで、北京パラリンピック銀メダリストの山本篤が、6メートル56の世界記録で優勝した。

引用:yahoo news

 

ついに世界新記録を樹立してしまいました。

本人も「今日はいける」と感じていたそうですね。

これはパラリンピックの金メダル候補の一人といっても過言ではないでしょうね。

 

ネット上の反応は?

 

 

 

まとめ

 

数々の好成績を残し、世界新記録を樹立した山本篤選手。

リオパラリンピックでも金メダルを目指して頑張っていただきたいです!

 

Sponsored Link


最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

 

合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)