山内晶大の高校時代の実績は?監督とのエピソードが感動的!

 

今日は男子バレーの山内晶大選手について取り上げてみたいと思います。

まずは、簡単なプロフィールからご紹介したいと思います。

 

Sponserd Link


プロフィール

 

スクリーンショット 2016-05-27 17.59.59

引用:http://panasonic.co.jp/sports/

 

生年月日:1993年11月30日(22歳)

出身:愛知県名古屋市

身長:204センチ

 

日本代表の中でも2m越えの身長というトップクラスの高さを誇る山内晶大選手。

経歴を見てびっくりしたことがあって、彼は高校からバレーを始めたそうですね。

 

中学時代はバレー部じゃない?

 

今では男子バレーの日本代表選手ですが、実は中学校の時はバスケ部だったそうです。

これは本当に驚きましたね。

 

何でも中学の時に「自分は細いから、高校ではフィジカルの差もあるから厳しい」とバスケを半ば諦めようとしていたみたいです。

そんな時にバレー部の顧問である志水監督に誘われて、バレー部に入ったそうです。

バレーは「フィジカルの差」は関係ないですし、そういう理由も含めてバレー部に誘ったようですね。

 

ただ、山内選手は22歳ですからバレー歴で言えば5,6年ということですか。

もちろん、並大抵でない努力をしたとは思いますが、5,6年でバレーの日本代表になるんですから、優れた才能もあったんでしょう。

”高さ”という才能もあった訳ですし。

 

また、志水監督が言うには「バスケをやっていただけあって、ボールに対する動きがいい」と評していました。

バスケをやっていたことは全く関係がないって訳でもなさそうですね。

 

高校時代の実績は?

 

Sponsored Link


 

では、高校時代の山内選手はどんな選手だったのか。

実は、高校2年生の時までは、これといった実績を上げていなかったようです。

 

山内選手も高校卒業後には普通に就職をするだろうと思っていたそうです。

しかし、そんな山内選手をバレーの道に勧めたのが他でもないバレー部の顧問、志水監督でした。

 

監督の助言でバレーの道に

 

「将来はVリーグに入るかもしれないから、大学でバレーを続けたらどうだ」

 

監督は山内選手にこういったそうです。

この時から監督は山内選手の可能性、というかポテンシャルの高さに気づいていたんでしょうね。

 

そして、高校3年生の時に徐々に頭角を現し、ついに愛知選抜のメンバーに選ばれました。

この時の全国大会では、現日本代表の石川祐希選手とも戦ったそうです。

この全国大会を経験したことで、より視野が広がり、バレーの道を進もうと決めたみたいですね。

 

大学でついに…

 

日本代表に選ばれました。

これには本人も監督もびっくりしていたそうです。

 

それはそうですよね!

高校から始めて、まさか大学生で日本代表に選ばれるとは…

 

そして、今では体重も増やしたりして、課題であるスタミナやフィジカルの面も鍛え、日本代表の一員として日々努力をしているとのことだそうです。

 

あとがき

 

こういう話を聞くと本当に指導者の存在って大事なんだなと思います。

 

もし、あの時志水監督に勧められなかったら、可能性を見出されなかったら…

今の山内選手は間違いなくいなかったでしょうね。

 

今度の世界最終予選でリオに出場できるかどうか決まります。

ここで努力の成果を発揮していただきたいですね。

 

ガンバレニッポン! ガンバレ山内!

 

男子バレーの選手情報!

 

スクリーンショット 2016-05-27 12.44.34

福澤達哉の中学、高校について!最高到達点の高さはトップクラス?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

この記事が少しでも参考になれば幸いです。
シェアの方もお忘れなく!

 

Sponsored Link


 

合わせて一緒に読まれています

この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す