吉木誉絵はかわいいとの評判と厳しい意見も多数で賛否両論!?

 

「朝まで生テレビ」などの人気番組でコメンテーターとして活躍中の作家の吉木誉絵(よしき のりえ)さん。

その吉木誉絵さんのメガネ姿がかわいいと評判に!
そこで、気になったので彼女について色々と調べてみました。

まずは簡単なプロフィールからご紹介します。

 

Sponserd Link


プロフィール

 

スクリーンショット 2016-04-30 4.26.49

引用:https://twitter.com/norieyoshiki

 

生年月日:1986年8月6日(29歳)

出身:東京都

 

テンプル大学を卒業し、その後慶応大学大学院を修了したということで、やっぱり作家さんということで学歴はしっかりしているみたいですね。

ちなみに、テンプル大学はショーンKさんの話題でも有名になりました。

(ショーンKさんの話題は今は置いといて…笑)

 

また、神主の資格も取得していたり、

映画『NAGISA』にも出演したりと作家でありながら多方面で活躍をしています。

結構色々なことに興味を持つタイプの方なんですかね。

 

歌手としても、歌で古事記を伝えるための活動をしていて、

アーティスト名「佐久弥 レイ(さくや レイ)」で活動しているようです。

ちなみに、日本神話にも登場する女神の名前「コノハナノサクヤヒメ」から歌手名を取っているそうです。

 

そんなマルチな才能で活躍している彼女ですが、

現在は「朝まで生テレビ」や「ビートたけしのTVタックル」などのコメンテーターとしてお茶の間では有名になっています。

 

 

ネット上でかわいいと評判に!

 

Sponsored Link


 

ネット上では「メガネ姿がかわいい」や「まゆゆに似ている」との好評を得ています!

確かにどこかしらまゆゆに似ているような…目とか特に。

「朝まで生テレビ」に出演した時も反響がかなり大きかったようです。

 

 

 

 

中には厳しい意見も!

 

しかし、中には厳しい意見の方もちらほら。

古事記が好きなくせに勉強が足りない」や「しゃべる内容が薄い」など。

こういうガチのトーク番組に出演するとやはり世間の目も厳しくなるみたいですね。

 

 

 

 

まとめ

 

吉木誉絵さんは確かにかわいいと評判ですが、一方では、コメントの内容の薄さなども取り上げられてしまいますが、これは仕方がないことですよね。

本人も嫌ならそういう番組に出演しなければいい訳ですから。

 

しかし、期待の裏返しだとも思うので、今まで以上に頑張っていただき、厳しい意見をした人たちを是非見返してほしいですね。

今後の更なる活躍を期待しています!

 

Sponsored Link


この記事が面白かったらクリックして下さい♪

コメントを残す