球団とすべての選手の契約期間は11月30日迄で、その間の選手の身分は支配下選手、12月1日から次年度の契約が成立するまでの期間は契約保留選手です。

プロ野球の2018年シーズンも幕を閉じ、FA宣言をした選手の移籍先がどこになるのか、非常に気になる今日この頃ですが、

そこで、FA宣言した選手の移籍先がいつ決定となるのか、また、FA宣言した選手の一覧と移籍先を予想してみました。

 

Sponserd Link

 

2018年のFAの移籍はいつ決まるの?

 

そもそも、FA宣言には国内FA宣言と海外FA宣言の2種類があります。

海外FA宣言の場合は、特に期限はありませんが、

国内FA宣言をした選手は、基本的には11月30日までには遅くても翌年1月9日までに契約しなければならないことが明らかになっています。

 

2017年の日本プロフェッショナル野球協約によれば、

球団とすべての選手の契約期間は11月30日迄で、その間の選手の身分は支配下選手、12月1日から次年度の契約が成立するまでの期間は契約保留選手

 

と定義されていて、

(契約保留選手は、球団が保有権を持ち、次年度の契約を予定している選手で、他球団と交渉・契約することはできない)

 

また、

その選手が他球団と契約できず1月10日を過ぎる場合は、元所属球団は前年度年俸額の365分の1の25%を1日分として、日割り計算で1か月ごとに支払わなくてはならない

 

となっているので、

つまり、1月9日までには移籍先は決定させなければならないということです。

 

なので、2018年のFA選手は通常は2018年11月30日(金)までには決定となっていることが分かります。

 

 

2018年FA選手一覧と移籍先を予想してみた

 

Sponsored Link

 

次に、2018年のFA選手の移籍先(予想)を一覧でまとめてみました。

 

球団 選手 移籍先(予想)
広島 丸佳浩 (巨人、ロッテ)
松山竜平 残留
阪神 上本博紀 残留
巨人 澤村拓一 残留
西武 浅村栄斗 (楽天、SB)
炭谷銀仁朗 (巨人)
日本ハム 中田翔 残留
オリックス 西勇輝 (SB、阪神、DeNA)
ロッテ 角中勝也 残留

 

2018年11月20日現在の所、確定しているのが、

松山竜平選手、上本博紀選手、澤村拓一選手、中田翔選手、角中勝也選手の残留は決定となりました。

 

また、西武の浅村選手は楽天でほぼ決定か、という情報もありました。

ただ、ソフトバンクも獲得に積極的なので、今後の動きに注目したいですね。

 

※追記

浅村選手は、楽天に移籍することが決定しました。

 

西勇輝選手は、SB、阪神、DeNAの他、オリックスに残留する可能性も。

今の所は、ソフトバンクが一番、可能性としては高いかな、と個人的には予想しています。

 

一方で、丸佳浩選手、炭谷銀仁朗選手の巨人入りが濃厚となっていますが、

丸選手は地元が千葉県なので、ロッテに移籍するのではないかという説もあります。

また、結局は広島に残留するのではないかという声も。

今回の最大の目玉とも言われている選手なので、今後の動きに注目したいですね。

 

※追記

炭谷選手・丸選手は、巨人に移籍することが決定しました。

 

 

あとがき

 

今回は2018年のFA選手を一覧でまとめてみました。

まだ全選手の去就が決定となっていないので、さて、今後どうなっていくのか…。非常に楽しみですね!

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)