2019年の巨人戦をリアルタイムで視聴するおすすめの方法3選!

 

2019年もいよいよこの季節となりました。そう、プロ野球の開幕です!

中でも巨人戦の主催試合をテレビ、ネットでリアルタイム視聴できる方法をまとめてみました。

 

では、2019年の巨人戦をテレビ中継で視聴するためのおすすめの方法を3つ厳選してみました。

 

Sponserd Link

2019年の巨人戦をテレビ中継で視聴するおすすめの方法

 

では、オススメの方法をひとつずつご紹介します。

 

Hulu

 

Huluについて

料金:月額933円(税抜)

無料お試し期間:2週間

登録デバイス:制限なし(同時視聴不可)

 

アニメ、ドラマ、映画などを視聴できるVOD(ビデオオンデマンドサービス)。

主に日本テレビ系列の番組が視聴できます。

※巨人戦は主催試合(71試合)のみ視聴できます。

 

 

ちなみに、テレビで視聴するためには、

  1. Wi-fi環境
  2. fire tv stick

が必要となります。(スマホ、PCは公式サイト、またはアプリから視聴できます)

 

 

DAZN

 

DAZNについて

料金:月額1,750円(税抜)

無料お試し期間:1ヶ月

登録デバイス:最大6(同時2)

 

スポーツ観戦に特化したVOD。

2019年からは巨人戦の主催試合がDAZNで視聴できるようになりました。

 

巨人戦以外で言えば、サッカーやボクシングなども視聴できます。

※パリーグ全試合と巨人、阪神、中日、横浜DeNAの主催試合が視聴できます。

 

 

ちなみに、テレビで視聴するためには、

  1. Wi-fi環境
  2. fire tv stick

が必要となります。(スマホ、PCは公式サイト、またはアプリから視聴できます)

 

 

 

GLS(ジャイアンツライブストリーム)

 

GLSについて

料金:月額1,620円(税抜)※

無料お試し期間:なし

登録デバイス:制限なし(同時視聴不可)

 

GLSでは、巨人の主催試合や阪神タイガース、横浜DeNA主催巨人戦が視聴できます。

他の動画(アニメ、映画など)が視聴できないのが欠点。

 

※月額料金は通常1,620円ですが、ジャイアンツ公式ファンクラブに入会している方は月額1,080円となっています。

ジャイアンツ 公式ファンクラブ入会はコチラ

 

 

 

まとめ

 

▼著者のおすすめの方法は以下の3つ!

  • Hulu
  • DAZN
  • GLS

 

ちなみに、スカパーやBSでも巨人戦のリアルタイム配信は視聴できますが、

  • 料金が割高
  • スマホで視聴できない(BS)

 

などの問題点があるので、あまりおすすめはしません。

個人的には、アニメ、映画、ドラマなどの豊富なジャンルの動画が視聴可能で、2週間お試し無料となっているHuluがおすすめです。

月額933円なので、リーズナブルな価格で継続できます。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)