3年A組 新たな黒幕が登場?第7話のネタバレと感想!

 

菅田将暉さん主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の第7話が2月17日(日)に放送されました。

そこで、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の第7話の内容と感想をまとめてみました。

まだ見ていない方は、ネタバレにご注意を!

 

Sponserd Link

3年A組(ドラマ)第7話のネタバレと感想!

 

 

 

では、第7話の内容をまとめてみたいと思います。

まだ見ていない方はネタバレにご注意を!

 

『3年A組』は【Hulu】で全話、視聴できます

【Hulu】は2週間無料でお試しできます。

>>【Hulu】詳しくはコチラから

 

 

3年A組(ドラマ)第7話のネタバレ!

 

 

一颯(菅田将暉)に名指しされた犯人教師の名は、武智大和(田辺誠一)であった。

澪奈(上白石萌歌)を陥れるフェイク動画の作成を依頼したのは武智だと一颯が告発したことにより、世間の声は一斉に武智に向き始める。

しかし、完全潔白を主張する武智。

一颯は、夜の8時までにすべての罪を自白することを勧告し、さもなければ武智にとって“一番大事なもの”を奪うと言い渡す。

 

そして教室では一颯が生徒たちに、澪奈が命を落とした当日の映像を見せる。

その映像には亡くなるその日に「フェイク動画の犯人に会いにいく」と告げていた澪奈の姿が映されていた。

さらに、世の中に流れている澪奈の死の当日の防犯カメラ映像とみられる動画を教室内で公開し、そこに澪奈と共に”怪しい男性”が映されていたことが分かる。

 

武智への疑惑が深まる中、この怪しい男性が武智であるという、決定的な証拠や確証がそこにはない。

そう、瀬尾(望月歩)と華(富田望生)が異議を唱える。

一颯は生徒たちに、澪奈と一緒に映っている人物が武智なのか、それとも別人なのか。

映像を解析して見極めるようにと瀬尾に告げる。

 

一方、郡司(椎名桔平)は一颯と相楽文香の父が繋がっていることを知る。

また、相楽文香の母親が既に亡くなっていて、相楽文香と父親が血の繋がっていない親子である、と知る…。

 

そんな中、武智が一颯から呼び出される。

一颯は澪奈から聞いた真相を語った。

それは、武智がある有名大学から多額の報酬をもらう代わりに、生徒を推薦するという。

澪奈にもその推薦話を持って行ったが、澪奈に断られ、しかもこのことを教育委員会に告発する、と。

それに腹を立て、フェイク動画を依頼したのだ、という。

 

そして、画像の解析結果が判明した。

やはり犯人は武智だった。しかし、生徒たちは解放されなかった。

まだこの事件には裏がある、そんな終わり方だった…。

 

 

Sponsored Link

 

ここで、第7話が終了です。

では、感想の方へ。

 

 

3年A組(ドラマ)第7話の感想

 

武智先生の黒幕説は何となく気付いていましたので、やっぱりって感じですね。

そして、また新たな黒幕が登場の次回、第8話。

一体、何人、黒幕おんねん!って話ですが、次は校長先生(ベンガル)あたりが怪しいと踏んでいる私です。

 

▼ネット上の感想

 

 

 

 

 

『3年A組』は【Hulu】で全話、視聴できます

【Hulu】は2週間無料でお試しできます。

>>【Hulu】詳しくはコチラから

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)