3年A組 真犯人がついに明かされる…!第9話のネタバレと感想!

 

菅田将暉さん主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の第9話が3月3日(日)に放送されました。

そこで、『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』の第9話の内容と感想をまとめてみました。

まだ見ていない方は、ネタバレにご注意を!

 

Sponserd Link

3年A組(ドラマ)第9話のネタバレと感想!

 

では、第9話の内容をまとめてみたいと思います。

まだ見ていない方はネタバレにご注意を!

 

『3年A組』は【Hulu】で全話、視聴できます

【Hulu】は2週間無料でお試しできます。

オリジナルストーリー、朝礼体操のレッスン動画も公開されています。

>>【Hulu】詳しくはコチラから

 

 

一颯(菅田将暉)と郡司(椎名桔平)の前に謎のヒーローが現れた。

そして物語は一度時を変え、数年後の3月9日。

3年A組の生徒たちがそれぞれの人生を歩み、再びこの教室へと集まってきた。

懐かしむ一同の前には一枚、一颯の「遺影」が飾られていた。

彼らが集まった理由。それは、亡き一颯の三回忌であった…。

 

そこで、逢沢(萩原利久)が撮影してきた景山澪奈(上白石萌歌)のドキュメンタリー映像の全容が流されることになる。

次々に明らかになる澪奈の真実。

 

そして時は生徒たちが高校3年生である、元の3月9日へと戻る。

一颯は、郡司を人質にとった後、意識を失ってしまう。

SNSでは武智(田辺誠一)が澪奈を殺した犯人とされて炎上が続き、マスコミは武智を追いかける。

そんな中、ある人物が一颯が作ったフェイク動画をSNSに投稿する。

武智糾弾の流れはその動画により一颯真犯人説に形を変え、一斉に矛先を変えていく。

その状況を見つめていた生徒たちが狼狽する中、目を覚ました一颯が教室に現れる。

そして、一颯は3年A組に向かって、「全ての真実を話す授業」を始めることになる――。

 

一颯は全部計画通りだ、と生徒たちに伝える。

そして、今回の事件の目的を全て伝えた。

 

屋上にいく一颯と人質の郡司。

さくらがそれを必死で止めるが、一颯は振り切る。

 

その後、さくらが生徒たちの前でこう告げる。

「私がれいなを殺したの」

そして、屋上にいた一颯は拳銃で撃たれてしまう…。

 

 

Sponsored Link

 

ここで、第9話が終了です。

では、感想の方へ。

 

 

3年A組(ドラマ)第9話の感想

 

 

 

 

真犯人がついに明らかになりました。その名も茅野さくら(永野芽郁)。

正直、ある程度、予想は出来ていましたが、なぜこのタイミングで告白したのか。

そして、本当にさくらが真犯人なのか。真実は謎のままです…

 

ついに次週、最終回。

どんな結末を迎えるのでしょうか。

 

『3年A組』は【Hulu】で全話、視聴できます

【Hulu】は2週間無料でお試しできます。

オリジナルストーリー、朝礼体操のレッスン動画も公開されています。

>>【Hulu】詳しくはコチラから

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)