菅田将暉さん主演のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』が1月6日にスタートとなります。

そこで、キャストや主題歌、内容のネタバレも気になる所ではありますが、今回はドラマの脚本について。

 

脚本が誰なのか調べてみた所、武藤将吾さんという脚本家の方であることが分かりました。

では、その武藤将吾さんの経歴や評判について、内容をまとめてみました。

 

Sponserd Link

武藤将吾のプロフィール・経歴

 

出生年:1977年

 

武藤将吾さんは、シナリオ作家協会主催のシナリオ講座を経て、脚本家となります。

その後、2002年に『野球狂の親父』で第15回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作を受賞します。

それ以降もドラマ、映画などの数々のヒット作品を生み出します。

 

2017年には、『仮面ライダービルド』で仮面ライダーシリーズに初参加することに。

 

武藤将吾の主な作品は?

 

武藤将吾さんさんが手掛けた主な作品は▼コチラです。

 

<ドラマ>

  • 電車男(2005年)
  • 花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜(2007年)
  • セレブと貧乏太郎(2008年)
  • 家族ゲーム(2013年)
  • 怪盗 山猫(2016年)
  • 仮面ライダービルド(2017年)

など

<映画>

  • クローズZERO(2007年)
  • テルマエロマエ(2012年)
  • 劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年)

など

 

まさか、映画『テルマエロマエ』や『クローズZERO』まで手掛けているとは意外でした。

>> 『テルマエロマエ』や『クローズZERO』はU-NEXTで視聴できます

 

ドラマ『怪盗 山猫』や『家族ゲーム』は結構個人的にも好きな作品でした。

もう一回見たいですね…(残念ながらVODでは視聴できないみたいですが)

 

 

Sponsored Link

 

武藤将吾の作品の評判は?

 

電車男、花ざかりの君たちへ、クローズZEROなど、数々のヒット作品を手掛けてきた武藤将吾さん。

彼の作品の評判を調べてみた所、どれも高評価ばかり。

 

最近の作品でいえば、ドラマ『怪盗 山猫』は、3.76/5点(Yahooレビューより)というまずまずの数字。

映画『仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』も3.7/5点(Yahoo映画レビューより)だったので、映画の方の評判も良い、と分かりました。

 

ただ一方で、武藤将吾さんは原作ありきのドラマ、映画を主に担当していて、今回の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』は原作がないオリジナルのドラマなので、評価がどっちに転ぶかは分かりません。

面白い内容となることを期待しておきましょう。

 

“ISOPP”
キャストが豪華だからハードル上がりそう…

 

 

あとがき

 

 

 

映画『悪の教典』のような、漫画『暗殺教室』のような、ミステリー要素満載の学園物語になる今回の『3年A組-今から皆さんは、人質です-』というドラマ。

脚本はドラマの心臓部分とも言われていますから、脚本家・武藤将吾さんの力の見せ所ですね。期待しています!

 

Next>>2019年1月スタートの冬ドラマ一覧!オススメの作品やキャスト主題歌まとめ

 

『3年A組』は【Hulu】で視聴できます!

【Hulu】は2週間無料でお試しできます。

オリジナルストーリー、朝礼体操の動画も配信しています。

>>【Hulu】詳しくはコチラから

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)