あさひなぐ 321話のネタバレと感想!寧々の涙の熱弁に感動する!

 

こざき亜衣さん原作の人気漫画『あさひなぐ』の321話が『ビッグコミックスピリッツ』に掲載されました。

そこで、『あさひなぐ』の321話の内容と感想をまとめてみました。

今回もまさかの結末を迎えました・・・

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

あさひなぐ 最新321話のネタバレと感想!

 

前回、真春にとっての大事な復帰戦となりましたが、

今回は國陵高校の一堂寧々が登場します。

 

では、『あさひなぐ』321話の内容をまとめていきます。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!!

 

『あさひなぐ』321話の内容(ネタバレ)

 

インターハイ個人戦。

國陵高校の一堂寧々の試合が始まろうとしていた。

 

寧々はふと思った。

東京に来て気付いたことが多くなった。道にも迷わないし…

そして、昨日の私を知っている人は東京にしかいない。

熊本弁もその内、消えていくのかな…と。

 

そんな中、寧々は偶然、いつか倒したい因縁の相手、戸井田奈歩と接触する。

「なんだ寧々、来とったね」

「あ・・・」

「すっかり東京モンたいね」

「・・・」

 

 

寧々は思わず引き止めた。

「待ってくれんね」

「気付いとらんと思うけど、私は奈歩姉ちゃんと同じコートにおると」

「必ず決勝トーナメントに行くけん」

「勝負してくれんね」

奈歩は何も言わなかった。

 

その後、寧々は同じチームのつぐみと試合を観戦していた。

つぐみが「戸井田奈歩やっぱりすごかったな…」などと話していると横にいた寧々はなぜか号泣していた。

「えっ…どうしたの?」

寧々が泣きながら答える。

「東京モンには絶対分からん」

「・・・」

つぐみは優しく寧々の肩をポンポンと叩いてあげた。

 

そして、いよいよ寧々の試合が始まる。

その試合中、熊本東の奈歩と島田が話していた。

「ああいうの好きですよね、戸井田先輩」

「ああ、お前のよりずっといい」

「でも、熊本東を優勝に導くのは汚い私なんです」

島田はうすら笑いを浮かべた。

試合の方は寧々の圧勝だった。

Sponsored Link

 

 

ここで、『あさひなぐ』321話が終わりです。

では、感想の方へ。

 

『あさひなぐ』321話の感想

 

一堂寧々、最初はイヤなキャラでしたが、どんどん魅力が引き出されていき、良いキャラになってきました。

『戸井田VS寧々』

実現して欲しい対戦ではありますが、ここに熊本東の島田や真春が間に入っていくでしょう。

個人的には、寧々VS旭の対戦が見てみたいです。

 

“ISOPP”
寧々ちゃん、ホント良いキャラになった…(泣)

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)