あさひなぐ 331話のネタバレと感想!真春は個人戦の決勝進出なるか!?

 

こざき亜衣さん原作の人気漫画『あさひなぐ』の最新話となる331話が『ビッグコミックスピリッツ 10号』に掲載されました。

そこで、『あさひなぐ』331話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

あさひなぐ 最新331話のネタバレと感想!

 

いよいよインターハイ個人戦も大詰めを迎えることになりました。

今回は、いよいよエース真春の登場です!

 

 

では、『あさひなぐ』331話の内容をまとめていきます。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!!

 

『あさひなぐ』331話の内容(ネタバレ)

 

インターハイ個人戦、決勝リーグ。

決勝進出、一人は戸井田奈歩。もう一人は誰になるのか。

 

その相手を決める第2コートではアツい戦いが繰り広げられていた。

準々決勝、辻野VS佐来は、佐来の勝利。

佐来が準決勝に進出となった。

そして、次、いよいよ真春の登場。

 

準々決勝、真春VS鈴木なのは。

始まってすぐに、勝負は終わりを迎える。

「勝負あり!!!」

何と試合時間3秒もかからないぐらいの瞬殺で真春の勝利。

 

そして、息つく暇もないぐらい、すぐに準決勝が始まった。

真春 VS 佐来。

この勝者が王者、戸井田奈歩の相手となる。

 

真春が勢いよく攻める中、コーチのやす子がこう思った。

「これは…敗ける」

 

 

 

ここで、『あさひなぐ』331話が終わりです。

では、感想の方へ。

 

 

Sponsored Link

 

『あさひなぐ』331話の感想

 

真春、順調に勝ち進み、いよいよインターハイ個人戦、準決勝です。

準々決勝があっさり終わってしまったのは、この準決勝のための布石でしょうか。

この佐来というキャラが個人的には結構、謎なキャラです。

 

そして、コーチが真春に敗けると思った理由は一体何なのか。

物語的に『真春VS奈歩』という、激アツな戦いは絶対に描くと思うで、というか描かないと決勝が面白くないので、真春が準決勝勝つと99%予想していますが、上手く読者を良い意味で裏切って欲しいですね。

次の332話も楽しみにしています!

 

“ISOPP”
真春の声がまいやんの音声で流れる……(不思議)

 

Next>>あさひなぐ 332話のネタバレと感想!真春VS佐来の勝負の行方は?

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)