あさひなぐ 332話のネタバレと感想!真春VS佐来の勝負の行方は?

 

こざき亜衣さん原作の人気漫画『あさひなぐ』の最新話となる332話が『ビッグコミックスピリッツ 11号』に掲載されました。

そこで、『あさひなぐ』332話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

あさひなぐ 最新332話のネタバレと感想!

 

インターハイ個人戦準決勝。

エース真春VS佐来。一体どっちに軍配が上がるのか。

前回の記事:あさひなぐ 331話のネタバレと感想!真春は個人戦の決勝進出なるか!?

 

では、『あさひなぐ』332話の内容をまとめていきます。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!!

 

『あさひなぐ』332話の内容(ネタバレ)

 

「これは…敗ける」

やす子が思わず呟いた。

 

なかなか仕掛けてこない佐来を見て、真春は一気に畳み掛ける。

佐来は防戦一方。

そして、一本決まる。

「スネあり! 白!宮路選手!」

真春に一本入った。

 

続いて、二本目。真春が一本目と同様に一気に攻め立てると、

「焦るな!!!!」

と、やす子が真春に叫ぶ。

その声が聞こえたあさひはビクッとなる。

しかし、真春には聞こえていない模様。

 

逃すか…と追い込もうとする真春だったが、しかし、

「!!」

突然、膝に痛みが走った真春。

その隙に、佐来に「スネあり!」と、一本取られてしまう。

 

残りあと一分。

判定だと、微妙な所。

「判定は待てない。勝つには、あと一本取ればいい」

真春はそう意気込むのであった。

 

 

ここで、『あさひなぐ』332話が終わりです。

では、感想の方へ。

 

Sponsored Link

 

『あさひなぐ』332話の感想

 

 

やす子先生の不吉な予感は、やはり真春の足の状態でしょうか。

完全に膝をやられていた描写がありました。

佐来が膝を狙っているという訳でもないので、真春の自滅行為に近いですね。

 

真春が準決勝に勝って決勝で王者・戸井田奈歩との戦いになるだろうと予想していますが、準決勝負けも全然ありえますね。

ただ、個人的には奈歩VS真春は何としてでも実現してほしい。

次の333話が一体どうなるか、待ちきれませんね。

 

Next>>あさひなぐ 最新333話のネタバレと感想!真春VS佐来 ついに決着が!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)