新しい王様 season1 最終回(第8話)のネタバレと感想!結末は果たして…?

 

ついにあのドラマも最終回を迎えました。

TBS×Paraviのスペシャルドラマ『新しい王様 season1』第8話(最終回)が1月17日に放送となりました。

そこで、『新しい王様 season1』第8話の内容と感想をまとめてみたいと思います。

ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意を!

 

Sponserd Link

新しい王様 season1 第8話のネタバレと感想!

 

前回の第7話では、

詳しくは⇒新しい王様 season1 第7話のネタバレと感想!エイリが飛び降りて大怪我?

 

では、第8話の内容の方をまとめてみました。

(ネタバレになるので、ご注意を!)

 

新しい王様 season1 第8話のネタバレ!

 

複数の闇金業者が一斉に摘発された。

そして、エイリは生きていた。2階から飛び降りたのに二度も生きていた、という奇跡。

 

ただ、お金もないエイリは田舎に帰る様子だった。

アキバに会ってお礼を言った。

「コート取り返してもらって本当にありがとうございました」

「面白いからやっただけだから」

「今までありがとうございました…」

 

アキバはエイリのことを見つめながらこう言う。

「俺たち、キスでもやっておく?」

エイリは満更でもない感じだった。

 

そんな時、

「越中だ…」

越中からアキバに連絡が入った。

「やぁアキバくん、越中だ」

「何ですか」

「中央テレビの株を買いまくってるのアキバか?」

アキバはそう、と答えた。

 

越中は「インサイダー取引になるからもう買えないな」と言った。

そう、前回の話で越中はアキバに中央テレビの株を買ったことを伝えたのだ。

アキバはもう中央テレビの株を買えない状況だったが、こう答えた。

「それは越中さん、あんたもだろ」

「えっ…」

 

そう、越中もアキバが買ったことを知ってしまったため、お互いにインサイダー取引になってしまうのだった。

してられたりの越中は「お、お前…」と動揺していた。

電話を切った後、アキバはふと何か考え事をしていた。

 

その後、エイリはアキバの近くにすでにいなかった。知らない間に遠くの方にいた。

「もっと面白いこと、これからもあるといいですね!」

エイリは叫んで、去っていった。アキバはそんなエイリを温かく見守っていた。

 

テレビの生激論が放送されていた。

また、いつものようにアキバは熱弁していた。

「視聴者が情報を選択する時代だよ。いつか誰も見なくなる人が来るよ」

これから買収するのにテレビ局に対して、親切にアドバイスを送っていたアキバだった。

 

アキバは小寺翼アナ(野波麻帆)に偶然会った。

小寺「アキバさん!相変わらず絶好調ですね」

アキバ「いえいえ…。小寺さん、この局(中央テレビ)、本当に大丈夫?」

小寺「アキバさんは本当にテレビ局のこと色々知っていますね〜」

アキバ「だって、このテレビ局(中央テレビ)、買うから!」

小寺「えっ……」

小寺はただただ呆気にとられていた。

 

一方、芸能事務所のスカウト・桜島(モロ師岡)が中央テレビに新人アイドルを売り出したいものの、なかなか上手くいかず、苦しい状況だった。

(裏では、アカツカサが絡んでいた・・・)

そんな中、ある女性を見て、「この子はイケる……!」と。

その女性がエイリだった。

しかし、エイリはバイト中だったため、秒で断られてしまう…。

その後、エイリは風俗店で働いていたことがバレてしまい、退学させられた所に偶然、桜島に出会い、スカウトされる。

「ま、ま、待ってください!!!!」

そして、エイリは桜島に説得されるのであった。

 

 

そして、ついに報道されることになったアキバの中央テレビ買収作戦。

アキバは”嫌々ながら”越中と手を組み、中央テレビを買収することに…。

まず、二人で5%の株を取得したため、株主総会の召集が可能となり、二人は株主総会に現れるのであった。

 

Sponsored Link

 

ここで、シーズン1の最終回が終了です。

さて、感想の方に移ります。

 

 

新しい王様 season1 第8話の感想!

 

やはりそう来ましたか〜!

対決すると思いきや、まさかこの二人でタッグを組むとは……。まさに最強最悪コンビ!

それはそれで面白そうですが。

 

エイリ、コウシロウの今後についても非常に気になる所です。

やはりこの中央テレビ買収騒動に絡んでくるのでしょうか。

シーズン2も楽しみでしかありませんね!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)