TBS×Paraviのスペシャルドラマとして放送されることが決定したドラマ『新しい王様』の第1話が1月8日に放送されました。

そこで、『新しい王様』の第1話を実際に見た感想と内容をまとめてみました。

まだ見ていない方はネタバレになるので、ご注意ください!

 

Sponserd Link

新しい王様 season1 第1話のネタバレと感想!

 

▼第1話のあらすじ

アキバ(藤原竜也)はかつて大型買収を仕掛けて世間を騒がせたが、現在はアプリの開発が主な仕事の自由人として静かな生活を送っていた。

アキバが住み着いているのは、経営が傾いた人材派遣会社の駆け出し社長・コウシロウ(杉野遥亮)のオフィス。

そこは古いゲームセンターを改修した場所だった。

コウシロウは美女を集めてパーティーや食事会を開き、金持ちや成功した経営者と人脈を作って人生を一発逆転、起業家として成功したいと夢みていた。

 

そんな中、二人は闇金に追われているエロいピンクのナース服姿の女の子・エイリ(武田玲奈)と出会う。

そしてアキバ、コウシロウ、エイリの奇妙な同居生活が始まる。

 

藤原竜也×香川照之という映画のような豪華なツーショットが見れるドラマ『新しい王様』。

さて、どんなドラマなのでしょうか。

第1話の内容をまとめてみました。(ネタバレご注意!)

 

 

新しい王様 season1 第1話のネタバレ

 

アキバ、コウシロウ、エイリの奇妙な同居生活が始まる一方で、

過去にアキバと因縁がある越中ファンドの越中(香川照之)は昔と変わらぬスタンスで投資を続けていた。

越中はファンドの規模を大きく成長させ、カネの力で人を支配し、尽きることのない欲望を満たしていた…。

 

ある日、アキバとコウシロウは起業家が集まるパーティーに行くことに…。

コウシロウは人脈をゲットするために、やる気になるものの、アキバは特にやる気を見せないでいた。

 

そして、パーティー当日。

コウシロウがそのパーティーにいる経営者たちへ名刺を配りに躍起になっている一方で、アキバは黙々と料理を食べていた。

そんな中、アキバの元にその経営者たちが「お疲れ様です」と挨拶を交わす。

その様子を見て、コウシロウは「知り合いだったのかよ…」と。

 

パーティーが終わると、アキバはある経営者から開発中のアプリを10億円で買ってもらった、と。

しかもその中の1億円は絶滅危惧種のサイの保護機関に対して支払われた、という。

アキバは言う。

「付加価値のあるサイは必要だけど、お前の会社は競合多種で別に付加価値がある訳ではない」と。

そして、コウシロウにこう熱弁した。

「もっと時間をかけて自分の価値を高めてみろ」と。

「お金が全てじゃない。そして強いヤツにこそ立ち向かえ!!」

 

 

Sponsored Link

 

 

ここで、第1話が終了です。

藤原竜也演じるアキバの熱弁で幕を閉じました。

 

新しい王様 season1 第1話の感想

 

第1話、終了しましたね〜!

武田玲奈さん演じるエイリのキャラもそうですが、藤原竜也さんのアキバはもっと謎なキャラですね。

そしてさらっと名言も連発しました。

アキバの正体は一体何なのでしょうか…。非常に気になります。

 

第2話も楽しみですね!

“ISOPP”
武田玲奈ちゃんの顔が個人的にめっちゃ好き……

 

Next>>新しい王様 season1 第2話のネタバレと感想!藤原竜也と香川照之はどんな関係?

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)