TBS×Paraviのスペシャルドラマ『新しい王様 season1』第6話が1月15日に放送となりました。

そこで、『新しい王様 season1』第6話の内容と感想をまとめてみたいと思います。

ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意を!

 

Sponserd Link

新しい王様 season1 第6話のネタバレと感想!

 

前回の第5話では、またしても藤原竜也さん演じるアキバが番組中に暴走しました。

詳しくは⇒新しい王様 season1 第5話のネタバレと感想!アキバとエイリの会話が深イイ!

 

では、第6話の内容の方をまとめてみました。

(ネタバレになるので、ご注意を!)

 

新しい王様 season1 第6話のネタバレ!

 

 

「あなたたち、それでいいワケ?」

アキバがテレビ番組内で視聴者に問いかける。

 

その後、プロデューサーのアカツカサ(八嶋智人)がアキバにこうお願いする。

「アキバさん、もう少しだけ空気を読んでもらえませんかね…」

アキバは相変わらず飄々とした態度だった。

 

越中は女優Aと揉めた問題でマスコミからバッシングを受けていた。

癒しが欲しい…と越中はエイリのマンションに訪れる。

エイリにメイド服の格好をさせ、その後、エイリに抱きつき、行為に至ろうとするが、エイリは必死に抵抗し、越中のマンションから飛び出した。

 

越中はコウシロウに電話をする。

「おい!あの女を呼び戻せ!!」

越中はブチ切れていた。

コウシロウがエイリ、アキバに電話するものの、一向につながらない。

SNSでエイリの居場所を調べていると、ある事が発覚した。

エイリはアキバと一緒にいたのだ…。

 

実は、エイリが住むところを失い、コウシロウに事務所に泊めて欲しいとお願いしたところ、断られ、そこにアキバが「じゃあ、ウチくる?」となったのだ。

しかも、アキバはそのエイリと一緒にご飯を食べているところをSNSにアップし、それをコウシロウと越中に見つかったのだ。

「すぐにあの女を呼び戻せ!!」

コウシロウはアキバの元に向かうのであった。

 

「アキバさん、何やってるんですか〜…」

アキバの元にたどり着いたコウシロウ。

そんな中、越中からアキバに電話がかかる。

「アキバさん、やってくれましたね…」

「越中さん、エイリは今日でマンション契約を打ち切るようです、以上」

越中は連帯責任だと言い切り、その使った分の料金をアキバが代わりに支払えというが、アキバはイヤだ、と断る。

 

 

一方、越中は女優Aの件と海中カジノの反対運動が活発したため、マスコミからバッシングされていた。

そのため、まずは女優Aとの件について事態の収束を図ることに。

そこで、中央テレビのプロデューサーのアカツカサ(八嶋智人)に女優Aをドラマに出演させるように依頼する。

しかし、その代わりにアカツカサが経営しているお店に投資、もしくは融資をして欲しいと越中にお願いする。

 

アカツカサは現在のドラマ担当部長である高木に「この女優Aをキャスティングして欲しい」とお願いする。

高木は「いや、それはもう決まっていて…」と断ろうとすると、アカツカサは「前の部長の麻布さんみたいになっていいの?」と脅す。

そして、高木は渋々とその件を承知し、女優Aをドラマに無理矢理キャスティングすることになった…。

 

エイリは、バイト中、以前追われていた闇金業者に見つかってしまい、風俗店に無理やり勤務させられてしまう。

 

アキバはテレビのインタビューを受けていた。

「越中さんはセンスがない。女を口説く時だけにして欲しい」

「越中さん、見てますか〜?俺は絶対に3万3千3百円払わないからね〜」

と、完全に越中をおちょくってた。それを見た越中は怒り心頭。

 

その後、越中からアキバに連絡が。

「アキバくん、よくも僕のことを色々と言ってくれたね」

「俺と勝負しろ、アキバ」

アキバはハッキリと答えた。

「受けて立つよ」

 

Sponsored Link

 

ここで、第6話の終了です。

では、感想の方へ参ります。

 

新しい王様 season1 第6話の感想

 

第6話で、ついにアキバV越中の因縁の対決が始まりましたね〜!

何の勝負をするのかが謎ですが、アキバのことですから面白そうな勝負になりそうです。

 

エイリは闇金業者に捕まってしまいますが、ここでもアキバが活躍しそうな予感。

「アキバとエイリにくっついてほしい…」

そんなことを思いながら、次の第7話も楽しみにしたいです。

“ISOPP”
さらに面白くなってきた!!

 

Next>>新しい王様 season1 第7話のネタバレと感想!エイリが飛び降りて大怪我?

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)