馬場祥弘の作詞した過去の楽曲は?裁判の結果はどうなるのか?

 

また、新たな問題が湧いてきましたね。

作詞家、馬場祥弘氏がパーマ大佐の替え歌「森のくまさん」の歌詞を勝手に改変したと訴えることが騒動になっていますね。

そこで、この馬場祥弘氏の過去に起こった数々の疑惑も調査してみました。

裁判は一体どうなるのか…。

 

Sponserd Link

「森のくまさん」の訴えについて

 

童謡「森のくまさん」の歌詞を勝手に改変したとして、

馬場祥弘がCD、DVDを発売するユニバーサルミュージックと唄っている芸人のパーマ大佐に販売中止を求める書面を郵送した。

著作権の侵害として、ユニバーサルミュージックとパーマ大佐に慰謝料300万円の請求を通知した。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

ここで、問題となっているのが、

芸人パーマ大佐が歌う「森のくまさん」を、所属事務所やその販売会社が無許可でCDを発売したということ。

確かに、無許可でCDを出す行為は完全にアウトですが、調べてみると、この馬場祥弘さんも中々アウトな経歴の持ち主で…

 

馬場祥弘の過去の疑惑とは…

 

「森のくまさん」の編曲者の玉木宏樹さんはこう主張しています。

 

あの「森のくまさん」は、当初は作詞・作曲は不明だった。

 

ある時、馬場氏が「あれは俺の曲だ」と作詞・作曲をJASRACに主張する。

 

しかし、馬場氏はJASRACから門前払いをされる。その後、馬場氏はJASRACを飛び越え、文化庁へ直訴し、その結果、主張が認められ、「作詞・作曲が馬場祥弘」となった。

 

つまり、あの曲は当初は馬場義弘氏の曲ではなかったということです。

その後、玉木さんは「それはおかしい」と主張し、

この曲の原曲はアメリカ童謡という事実も判明した後、「JASRAC」に再審査を求めましたが、馬場義弘氏の作詞・作曲の権利が剥脱されることにはならなかった…という。

 

これは、一体どういうことなのでしょうか。完全に「当たり屋」感満載の人みたいに見えてきましたけど…

ますますこの「馬場祥弘氏の作詞・作曲説」が怪しくなってきました。

 

 

過去の作詞した楽曲はこちら

 

Sponsored Link

 

・厚切りギザギザソング

・俺等の恋

・おお牧場はみどり

・男と女のテーマ

・親がめソング

・かんきょうのうた

・象さんとくもの巣

・蝶

・ザ・ダー

・もりのくまさん

・喜びの歌

・ケメ子の歌

 

…など。他にも多数、作詞・作曲とされていますが、これらの曲も本当に彼が作詞・作曲をしたのでしょうか…

ちなみに、「森のくまさん」以外でも「ケメ子の歌」でも同じような疑惑がありました。

今回の件で、これらの楽曲の信ぴょう性も疑われますね。

 

裁判はどうなるのか?

 

 

 

ネット上では、「勝ち目がない」という意見が多数あがっていました。

やはり、勝ち目がないのでしょうか…

パーマ大佐、すごい悔しいでしょうね。こればかりは、どうしようもないのか。

 

結果がどうなるのか、今からドキドキしています。自分は全く関係ないですが(笑)

 

Sponsored Link

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)