BUNGO 194話のネタバレと感想!バッター袴田がまさかの…!?

 

二宮裕次さん原作の人気漫画『BUNGO -ブンゴ-』の最新話となる194話が『週刊ヤングジャンプ』(7月11日発売)に掲載されました。

そこで、『BUNGO -ブンゴ-』の194話の内容と感想・考察をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない人はご注意ください。

 

Sponserd Link

『BUNGO -ブンゴ-』の194話のネタバレと感想!

 

『静央VS富士ヶ丘』という、熱戦を制すのは一体どちらか。

今回は一体どんな展開となるのか。

 

では、194話の内容の方に入っていきたいと思います。

(ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!)

 

 

『BUNGO -ブンゴ-』の194話の内容ネタバレ

 

静央が1点リードで五回の攻防へ。

静央の攻撃、九番サード、小谷野。

しかし、残念ながら三振。アンナウト。

 

一番キャッチャー、袴田。

「前の回から変化球主体になってきてるな…」

と、袴田はじっくりとボールを見極め、カウントはツースリー。

ストレートはめっちゃ走ってるな……と袴田。

 

「碓井、お前なら選択すんだろ?」

「自身が最も信頼できる球を!!」

そして、袴田は完全にリードを読むと、

 

「なっ!?」

 

しかし、バックドアのスライダーを投げ込まれ、見逃し三振。

袴田は完全に裏を突かれた。

 

袴田は思った。

碓井の執念に近い、低めへの投球は、くどいくらいの変化球は、

皆浦(捕手)が生み出していたのか…、と。

 

「俺たちは高度な駆け引きはできないからな」

「しつこいくらい低めで勝負する、それだけさ」

と、皆浦はボソッと呟いた。

五回表、ツーアウトランナーなしとなった。

 

Sponsored Link

 

ここで、194話の終了です。

では、感想の方に入っていきます。

 

 

『BUNGO -ブンゴ-』の194話の感想・考察

 

捕手で読みの鋭い袴田の上を行くとは…、相手キャッチャーの皆浦、恐るべし。

これで流れが変わりそうな、そんな予感がします。五回の攻撃、あとワンナウト残っていますが。

 

とはいえ、静央エースの瑛太も絶好調で、まだ打てそうにない気配。

ブンゴの登場はあるのか。果たして……

 

“ISOPP”
また楽しみが増えた!!

 

コチラの記事も人気です

⇒キングダム 最新53巻を無料で読める方法がある?〇〇のポイントが便利!

⇒銀魂 泣ける名言ランキングTOP10!アニメ感動シーンで振り返る

⇒らんま1/2の好きな主題歌ランキングのトップ10を発表!【歌詞あり】

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)