ダイヤのA actII 最新156話のネタバレと感想!青道VS由良総合の勝者は…?

 

『ダイヤのA ACT II』の最新話の156話が「マガジン」(2月13日)に掲載されました。

そこで、「ダイヤのA ACT II」の最新156話の内容と感想をまとめてみたいと思います。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『ダイヤのA ACT II』の最新156話のネタバレと感想

 

夏の大会初戦の勝負を左右する回(156話)になりました。

これまで熱戦を繰り広げている『青道高校 VS由良総合』

いったい勝負の女神はどちらに輝くのでしょうか。

 

では今回、第156話の内容と感想をまとめてみました。

まずは内容の方をまとめていきます。

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

「ダイヤのA ACT II 」の156話の内容ネタバレ

 

「探り合い」

振り出しに戻った試合の続くバッターは5番ゾノ。

ゾノが振り抜いた打球はレフトの頭を抜け、ツーベースに…

 

~回想~

倉持がベンチの円陣でこういった。

「ストレートには威力がありますね。」

「ただスライダーにはそこまで威力がないので、追い込まれてからでも大丈夫ですね。」

 

6番東条はバントの構えからヒッティング

ピッチャーの心理を完璧に読み、ライト線へ

青道高校一点勝ち越しのタイムリーツーベース。

 

ブルペンでダウンしていた沢村がベンチに戻り、

キャプテン御幸が沢村に一言

「エースだけじゃねえぞ。チームを背負ってるのは。」

そこ言葉が胸に突き刺さる沢村。

 

続くバッターは空振り三振

続くバッター金丸がショート強烈な打球を打ち内野安打

場面は1塁3塁バッター川上

青道高校はピッチャーでもある川上に強攻策を決める。

 

青道高校この回3点目

「普段からどんな練習してるんだよ」

と話す相手は次戦戦うチームだった…。

「ダイヤのA ACT II」青道高校がついに由良総合高校に追いつき追い越した。

 

 

Sponsored Link

 

ここで、156話は終了になります。

では、感想の方へ参ります。

 

「ダイヤのA ACT II」の156話の感想

 

156話、終わりました。

ついに、青道高校がが逆転をした展開になりました。

ピンチになればなるほど強くなる青道高校。

それを迎え撃つ奇襲の由良総合。

 

これまでの戦えでは、うまく、奇襲攻撃をしていた由良総合が一歩リードしていましたが、

総合値が高い青道高校が奇襲攻撃が緩んだ隙に反撃に出たという形になりました。

 

次回以降、由良総合はそのまま反撃を許してしまうのか、それとも、反撃を食い止め、逆襲することができるのか

そちらの方が見どころとなります。

以上が156話の感想になります。

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)