ドラゴン桜2の38話のネタバレと感想!『浮気性は受験に失敗する』理由とは?

 

三田紀房さん原作の人気漫画『ドラゴン桜2』の最新38話が『モーニング』(11月15日発売)に掲載されました。

そこで、『ドラゴン桜2』の38話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意ください!

 

Sponserd Link

ドラゴン桜2の38話のネタバレと感想!

 

前回、桜木が水野に「小杉にリスニング対策をさせない」と言った理由は一体何なのか。

そして今回はどんな展開になるのか。

 

では、38話の内容をまとめてみました。

 

 

ドラゴン桜2の最新38話のネタバレ!

 

「小杉さんにリスニング対策をさせないのはなぜですか」

水野は桜木に尋ねると、桜木はこう答える。

「これは小杉を調査して分かったことだ」

「それで、調査して何が分かったんですか?」

 

桜木は時間がないから、と説明を省略すると、水野は「そんな…」と肩を落とす。

「じゃあ、ひとつヒントだけ」

「浮気性の受験生は落ちる」

「その格言を元に、田村先生と相談しろ」と言い、後にした桜木だった。

 

その後、水野は田村先生と相談する。

「確かに浮気性の人がだいたい受験に失敗すると言われているよね」と田村先生。

水野は小杉さんについて田村先生に尋ねると、意外な事実が。

「えっ、塾にも通っていない?」

 

実は小杉さんは、小学校の時に3ヶ月だけ塾に通っていたが、そこからは一度も行っていないという。

小杉さんの家庭は、お母さんと二人暮らしで、お母さんはキャリアウーマン、仕事場から徒歩圏内のマンションに住んでいるということも分かった。

 

「そうか、なるほど…」

水野は考え抜いた末に、ある結論にたどり着いた。

「小杉さんは浮気性じゃないから、あえて浮気させることはない」

「つまり、まずは生徒のストロングポイントをガッチリと固める。このことを桜木先生は気付かせたかったのではないか」と。

 

田村先生は「私、間違ってたわ…」と反省し、水野と一緒に小杉さんの所へ向かうことに。

 

その後、水野と田村先生は小杉さんにこのことを伝える。

が、その時、水野はあることに気がつく。

「こ、これは……」

「世界史の教科書がボロボロに…」

(「大沢くんと一緒だわ」)

 

世界史の教科書がやたらボロボロになっていることに気が付いた水野は、かつての知り合いの大沢くんと似ているとふと思った。

「これ何回ぐらい読んだの?」

「そうですね、ざっと7回くらいでしょうか」

「な・・・7回!!そんなに読んだの?」

 

水野はふとこう考えた。

(「小杉さんと大沢くんの勉強法は同じだわ」)

 

 

と、ここで、38話は終了です。

 

Sponsored Link

 

ドラゴン桜2の最新38話の感想

 

いや〜、今回も面白い名言が出ましたね!

『浮気性は受験で失敗する』

浮気性は結婚でも失敗しますが、まさか受験でも失敗するとは。初耳でした。

 

そういえば、著者の自分も受験生時代、かなりの浮気性でしたね。色々な教科書、参考書に手をつけていました。

なるほど、今思えば浮気性だと無駄に労力も削られますし、納得の答えです。

次回の39話も非常に楽しみです。

“ISOPP”
とりあえず、受験も恋愛も誠実が一番ってことね

 

Next>>ドラゴン桜2 最新39話のネタバレと感想!水野が依頼したある有名人とは?

 

▼『ドラゴン桜2』最新刊を無料で読む方法!

⇒ドラゴン桜2の3巻を無料で読む方法!zip・rawよりおすすめしたい!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)