ドラゴン桜2 最新44話のネタバレと感想!東大入試に必要な〇〇力とは?

 

三田紀房さん原作の人気漫画『ドラゴン桜2』の最新44話が『モーニング』(1月17日発売)に掲載されました。

そこで、『ドラゴン桜2』の44話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意ください!

 

Sponserd Link

ドラゴン桜2 最新44話のネタバレと感想!

 

前回の43話では、ついに国語の太宰府先生が熱弁し始め、読解力について学び始めた生徒たち。

 

 

果たして今回はどんな展開になるのか。

では、44話の内容をまとめてみました。

※ネタバレになるので、ご注意を!

 

ドラゴン桜2 最新44話のネタバレ

 

「東大は言い換える問題を数多く出題している!」

(決まった…)

太宰府先生がビシッと生徒たちに説いた。

 

「今みたいなカンジですよね?」

「は?」

「ですから、カリスマ国語教師の雰囲気を出すためには…」

「あ、ああ…、そうですね…」

水野は「何言ってんの、この人」みたいな目で、太宰府先生を見ていた。

 

「ただ、もう少しこう、肩をビシッとね…」

(水野「こだわるとこ? そこ……」)

 

 

「では、東大入試ではいかに言い換えの問題が多いか、プリントを見てください」

実際の東大の入試問題を見せた太宰府先生。

「ご覧の通り!東大入試は『要するに、あなたならこれをどういう風に言い換えますか』と聞いているのです!!」

ドヤ顔で生徒を見つめる太宰府先生に、生徒の一人、早瀬さんが引いていた。

「…先生、ちょっとウザイです」

「ウザイ?」

「やりすぎるとこっちが引きます」

「そうなの…、はぁ、難しいな」

また落ち込み出した先生。

水野が「大丈夫ですよ」と励ますと、また気を取り直した太宰府先生はこう説明する。

 

「実際に各教科で言い換え問題が多いことは説明できました。」

「例えば、社会などの科目はこれが顕著です。早稲田や慶応の日本史の問題は穴埋めが多い。これは知識がなければ空欄は埋まらない」

「しかし、東大は『10行〜30行の文章を読んで3行で説明する』という問題がでる」

 

太宰府先生はこう言い切った。

「つまり、言い換える力があれば、解けてしまう。”アドリブ力”でなんとかなるのが、東大の問題なのです!」

「すごい!!」

生徒たちは感動していた。そして、真剣に国語を勉強しようと、燃えていた。

 

そこで、早瀬さんは先生に質問する。

「先生、言い換える力をつけるためには、どういう勉強をすればいいですか?」

 

「いい質問です、その前にこの授業の本来の目的はなんだったのでしょう」

「本来の目的?」

「それは読解力を身につけさせるため、です」

「そうだった…」

 

先生はこう付け加える。

「この読解力という言葉は、漠然としていて分かりにくい。いっそのこと、別の言葉に言い換えましょう」

「何かいいアイデアはありませんか?」

生徒たちは考える中、先生はこう答える。

「私ならこれを、『要約』と言い換えます」

「読解力とは文章を読んで要約する力のことです」

「つまり、『要約力』を身につければ読解力が身についたことになる。それも短期間で効率的に習得したい」

 

そのトレーニング方法を説明し始める太宰府先生。

「もう一度、走れメロスを読んでみてください」

「しかし、ただ要約するのではありません」

「この8つのキーワードを入れること、このキーワードを使って説明しなさい」

 

 

Sponsored Link

 

太宰府先生の『要約力』の説明で終わった44話。

次に感想をまとめてみました。

 

 

ドラゴン桜2 最新44話の感想

 

44話、非常に内容が濃かった。

なるほど、『要約力』か。その視点はありませんでしたね!

 

確かに、読解力がある人はその文章の構造を素早く理解し、『要約力』に優れている人が多いという印象です。

これは実生活にも役に立ちそうです。

 

それにしても太宰府先生のあの情緒不安定ぶり、どうにかしてほしい…w

“ISOPP”
ま、面白いからイイけど!

 

 

▼『ドラゴン桜2』最新3巻を無料で読む方法!

⇒ドラゴン桜2の3巻を無料で読む方法!zip・rawよりおすすめ!

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)