ドラゴン桜2 最新4巻(24〜31話)のネタバレと考察!5巻の見所まとめ!

 

三田紀房さん原作の漫画『ドラゴン桜2』の最新刊である第4巻が1月4日に発売となりました。

実際に読んでみましたが、今回も安定感抜群の面白さでした。

 

そこで、『ドラゴン桜2』の4巻(24話〜31話)の内容と感想をまとめてみたいと思います。

まだ読んでいない方はネタバレになるので、ご注意ください。

 

Sponserd Link

ドラゴン桜2 最新4巻(24〜31話)のネタバレと感想!

 

1月4日に発売となった『ドラゴン桜2』の最新刊の第4巻。

では、『ドラゴン桜2』第4巻の内容と感想をまとめてみました。

 

▼3巻までのあらすじ

英語対策に明け暮れる東大特進コースの天野と早瀬。

桜木から天野はユーチューバー、早瀬はツイッターをやれと指示される。

最初は戸惑う二人だったが、桜木から背中を押され、気合いを入れて取り組むことに……。

 

そんな中、難関大コースの藤井が桜木と偶然バッタリ出会う…

 

 

▼4巻を読む前に、『ドラゴン桜2』第3巻を読みたい…!という方へ

⇒ドラゴン桜2の3巻を無料で読む方法!zip・rawよりおすすめしたい!

 

では、今回の第4巻の内容をまとめてみたいと思います。

ネタバレになるのでまだ読んでいない方はご注意を!

 

ドラゴン桜2 最新4巻のネタバレ

 

各話ごとに内容をまとめてみました。

(リンクをクリックしたら、各話の内容・感想・考察の記事に飛びます)

 

▼ドラゴン桜2の4巻(24話〜31話)の内容ネタバレ・感想まとめ

 

24話『百回受けても』
25話『桜木 VS 女帝』
26話『日本社会と教育制度』
27話『新しい先生』
28話『口パクでモノマネしろ!』
29話『ぼそぼそシャドーイング』
30話『人目なんか気にしない』
31話『東大リスニング攻略法』

 

 

ドラゴン桜2 最新4巻の考察

 

4巻の構成としては、

前半は、桜木VS理事長代理のバトル。

後半は、渡辺直美さんモデルのナベ先生のリスニング講座。

 

桜木が力説する、日本社会と教育制度の大きな欠点と対策には、目から鱗で、思わず関心してしまいました。

日本社会が悪い、教育制度が悪い、という批判や問題提起は誰にでも出来ますが、「だから自分はどうするか、どうすべきか」という課題の解決までに至っている所は、さすがとしか言いようがありません。

 

また、ナベ先生の英語リスニング講座は、英語が苦手な人必見です。

普通にリスニングを勉強するだけじゃ身に付かない、”本当の英語力”が学べるためのアドバイスをもらえます。

 

次の5巻では、また新たな先生が登場することでしょう。

(ちなみに、次回は国語の先生が登場します)

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)