グッドワイフ 情報提供者とは誰?第6話のネタバレと感想!

 

常盤貴子さん主演のドラマ『グッドワイフ』の第6話が2月17日(日)に放送されました。

そこで、『グッドワイフ』の第6話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ放送を見ていない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『グッドワイフ』第6話のネタバレと感想!

 

『グッドワイフ』の第6話が2月17日(日)に放送されました。

 

 

▼第6話の予告動画

 

第6話では、一体どんな展開となるのか。(多田先生の元カノも登場します!)

では、内容の方をまとめてみました。

 

グッドワイフ 第6話のネタバレ

 

 

多田(小泉孝太郎)が賠償金15億円を見込める健康被害に対する集団訴訟の代理人をすることになる。

多田が3年かけて無料相談にのり、満を持して臨む案件だった。

杏子(常盤貴子)と共に正式契約を結びに行く日、そこにはもう一人の弁護士、車椅子に乗った弁護士・三栗谷剛(春風亭昇太)が呼ばれていた。

人づてに聞きつけて、首を突っ込んできたのだ。

 

病気により車椅子生活を送っている弱者の立場を巧みに利用して「みなさんの気持ちがわかる」と被害者たちに取り入っていく…。

一方で、用意周到な手を打ち、杏子と多田のペースはドンドン乱されていく。

 

結局、どちらが代理人になるかは、被害者たちの多数決で決まることになる。

しかし、ある可能性が浮上する…。

それは訴える相手企業と三栗谷が繋がっている可能性という。

 

一方、ついに保釈され、帰宅が決まった壮一郎(唐沢寿明)。

佐々木(滝藤賢一)と共に南原(三遊亭円楽)を決定的に追い込める証拠を探していた。

 

久しぶりの家族団欒。気まずい空気が流れていた。

壮一郎が話し始めた。

「お父さんは賄賂を受け取っていない」

「誰かが罪を着せようとしている」

 

そして、例の噂になった女の人についても話し始めた。

「あの人は毎朝新聞の記者だ」

「1度だけやってはいけないことをした」

「これから人生をかけて償っていきたい」

 

息子、娘たちは何も聞く耳を一切持たない。

その後、杏子が壮一郎に「政治関係とは、誰が絡んでいるのか」を聞くが答えてくれない。

そんな壮一郎を見て、杏子はおかえりと言えない状況だった。

 

一方、三栗谷が海老塚建設に入った所を動画で撮影し、被害者たちの前で告発した多田と杏子。

しかし、三栗谷は「先に一人500万で交渉した」と言い訳を始めた。

多田は勝手に和解交渉するのもおかしいし、そもそも3000万で交渉できるから、と。

 

一方、南原と脇坂(吉田鋼太郎)が接触するところを壮一郎は目撃する。

そして南原に自ら接触をはかる……。

「情報提供者は見つかった」と南原にハッタリをかます。

 

その後、壮一郎の浮気相手(相武紗季)のインタビュー映像が流れた。

「あの人とは一度だけじゃない」

「あの人は私の前だけ素直になってくれた」と。

それを見た杏子は愕然とする。

家に一度戻り、マスコミから子供たちを守ることに…。

 

仕事に戻った杏子。

三栗谷の弱みを握った杏子と多田は1人2000万の賠償金を勝ち取る。

多田は杏子に話す。

「もし・・・」

「ん?」

「何でもない」

結局、その場では何も話さなかった多田。

 

その後、壮一郎の弁護士の林が「お飾りの弁護士はやめます」と怒ってやめることに。

杏子はこう話す。

「じゃあ、私があなたの弁護をする」

杏子は壮一郎の弁護を担当することになったのだ。

 

その記者会見の時、多田は杏子の留守電に告白した。

「ずっと好きだった…」と。

しかし、その電話を聞いていたのが夫の壮一郎だった…。

 

 

 

Sponsored Link

 

ここで、グッドワイフ第6話が終了です。

では、感想の方に参ります。

 

グッドワイフ 第6話の感想

 

第6話も安定して面白かったですね!

それにしても、その謎の情報提供者とは一体誰なのか。

 

個人的には、相武紗季さんがかなり怪しいと予想していますが、もし多田先生ならショックでしかありません。

ネット上でも「多田先生が怪しい…」という声が多数ありました。

次の第7話、一体どうなるのか…。

 

▼ネット上の反応

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)