グッドワイフ 黒幕は小泉孝太郎?第2話のネタバレと感想!

 

常盤貴子さん主演のドラマ『グッドワイフ』の第2話が1月20日(日)に放送されました。

そこで、『グッドワイフ』の第2話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ放送を見ていない方はご注意を!

 

Sponserd Link

グッドワイフ 第2話のネタバレと感想!

 

 

▼第2話の予告動画

 

第2話では、一体どんな展開となるのか。

では、内容の方をまとめてみました。

 

グッドワイフ 第2話のネタバレ

 

事務所の名誉顧問であり神山佳恵(賀来千香子)の父、神山大輔(橋爪功)が事務所を尋ねてくる。

大輔は、酒酔い運転を起こし、さらに警官に抵抗し公務執行妨害を起こした罪で起訴されたのだ。

大輔は無罪を主張するが、状況証拠から考えれば、どうみても有罪。

その弁護を杏子(常盤貴子)は大輔から依頼される。

 

多田(小泉孝太郎)は、新人には無理だと反対するが、杏子は自ら担当することを決意する。

しかし、大輔から、新人で自分の言うとおりになるから指名されたと聞かされて愕然とする杏子。

自由奔放な大輔に翻弄される。しかも、神山から大輔が妻を殺したという衝撃の告白を聞かされる。

 

一方、特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)が杏子に接触してくる。

脇坂から「この1年、旦那さんがネックレスや指輪をもらっていないですか」と。

トミオカ精巧から賄賂を受け取ったというのだ。

杏子は、壮一郎(唐沢寿明)の疑惑がますます深まっていく…。

杏子は疑いを持ちながら壮一郎と接見。

「トミオカ精巧からネックレスや指輪をもらったの?」

「受け取ったよ」

受け取ったとは答えたが、それはすぐに返した、と。

その後、トミオカ精巧が倒産したことを知り、動揺する壮一郎。

 

 

一方、杏子は担当する大輔の弁護でも窮地に立たされる。

警察の検査によれば、基準値の2倍の飲酒量だと。

しかし、映像の「また手錠をかけますよ」という発言から矛盾を感じ、杏子は違法逮捕だと主張する。

そして、公務執行妨害は立証不十分となった。

 

次に、飲酒運転について。

検察側の証人が「日本酒を6杯飲んでいた」と主張し、また分が悪くなる弁護側。

裁判が終わった後、大輔は「あれは偽証」だと。

 

色々調べていく内に分かったことが、実はパーティーには10分しかいなくて、空白の1時間半もの時間があった、と言う。

その時間何をしていたのか、それさえ立証できれば、飲酒運転も証拠不十分と出来る。

しかし、その間、何をしていたのか大輔は一切教えてくれない。

 

そんな中、杏子は大輔のある異変に気づいた。

「これは…ドルコミンですね?」

そう、大輔は認知症の薬を飲んでいたことに気づいたのだ。

この薬の副作用によって基準値の2倍の飲酒量になったという。

これを証拠として挙げれば、確実に裁判には勝てるというが、大輔は「絶対にいうな」と。

そう、認知症が明らかになってしまうと、弁護士生活を引退しなければならないからだ。

「弁護士には守秘義務があるから…」

杏子はただただ戸惑っていた。

 

その後、神山が杏子を呼び出す。

「あなた、あの人(大輔)から何か言われたの?教えなさい」

「………いえ、守秘義務がありますから…」

杏子は一向に何も喋らなかった。

 

とはいえ、杏子は裁判に勝たなければならないため、別の方法を探していた。

そこで、空白の1時間半で大輔はどこにいたのか、徹底的に調べ上げることに…。

それにより、判明したことがあった。

それは、亡くなった大輔の奥さんの命日で、奥さんが好きな甘いものを探しに、お店を回っていたのだ。

「私は裁判に勝ちたいと思っています」

その杏子の純粋な想いもあってか、大輔はその証言を守秘義務にして欲しいとは頼まなかった。

そして、裁判では、その証拠が立証され、見事、裁判を勝利する。

(杏子は認知症については触れなかった)

 

その後、大輔は事務所を辞め、弁護士を卒業…かと思ったら、「認知症は薬でセーブできるから、新しい事務所でまた頑張る」と。

新たな一歩を踏み出す大輔弁護士であった。

 

一方、壮一郎は担当弁護士にこう告げた。

「やってもらいたいことがあります…」

 

Sponsored Link

 

ここで、第2話が終了です。

では、感想の方に参ります。

 

グッドワイフ 第2話の感想

 

第2話、今回も面白かったですね!

ドラマとは関係ないのですが、常盤貴子さん、あの美しさで46歳とは驚きました。

ネット上でも「綺麗すぎてビビる」「常盤貴子さん美人すぎ!」と話題になっていました。

 

そして、唐沢寿明さんの贈収賄疑惑、一体どうなるのか。

脇坂が黒幕だと思っていたのですが、小泉孝太郎もかなり怪しいな、と個人的に思ってしまいました。

こういうドラマは”良いヤツ感”を出している人が一番怪しいので。

第3話も非常に楽しみです。

“ISOPP”
それにしてもキャストが豪華!

 

Next>>グッドワイフ 第3話のネタバレと感想!検事正が本当の黒幕か…?

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)