8月10日、群馬県の草津白根山付近を飛行していた9人搭乗の県防災ヘリ「はるな」(ベル式412EP型)が消息を絶った、という報道がありました。

一体、どういうことなのか。原因とは一体何なのか。

 

また、9人の安否状況も調査してみました。

 

Sponserd Link

群馬県防災ヘリ墜落の原因とは?

 

原因を追求する前に、事故の詳細をまとめてみると、

時間は10日午後。

場所は、群馬と長野の県境の山中で、草津白根山に向かった防災ヘリの機体とみられる残骸を発見した、とのこと。

 

機体の一部が見つかった現場は破片が散乱していて、周辺の木々がなぎ倒されていました。

また、ヘリコプターには県防災航空隊4人と吾妻消防隊員の5人が搭乗していたという。

 

SNSなどから調べてみると、

『群馬県防災ヘリの墜落を確認し、取材機が旋回している中心点が墜落地点と思われます』とのツイートが。

 

 

横手山・渋峠スキー場付近で墜落したことが分かりました。

 

 

なぜヘリが墜落してしまったのか。原因が気になる所ではありますが、しかし、その墜落した原因は現在も究明中とのこと…。

また詳細が分かり次第、更新します!

 

 

群馬県防災ヘリ墜落の被害者の安否状況は?

 

Sponsored Link

 

また、9人の被害者の安否状況について調べてみました。

すると、『機体の破片のそばで乗員と見られる8人を見つけた』とのこと。

しかし、被害者の容体など詳しいことはまだ不明という。こちらも早急に解決していただきたい所です。

また、情報を追記します!

 

 

<ネット上の反応>

 

 

 

 

あとがき

 

早急にヘリがなぜ墜落してしまったのか原因を究明していただきたいものですね。

そして、被害者の状況もかなり気になります。被害がもっと最小限でありますように…。

 

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)