ハケン占い師アタル 第4話のネタバレと感想!アタルを探す宗教団体の正体は?

 

杉咲花さん主演、遊川和彦さん脚本のドラマ『ハケン占い師アタル』の第4話が2月7日に放送されました。

そこで、『ハケン占い師アタル』の第4話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意ください…!

 

Sponserd Link

『ハケン占い師アタル』の第4話のネタバレと感想

 

では、第4話のネタバレと感想をまとめてみました。

前回の記事:ハケン占い師アタル 第3話のネタバレと感想!パワハラがリアルすぎる…

 

まずは内容の方から。

※ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意を!

 

『ハケン占い師アタル』を視聴する方法

【auビデオパス】で『ハケン占い師アタル』を全話、視聴できます。

30日間無料でお試しできます。

>>【auビデオパス】詳しくはコチラ

 

 

『ハケン占い師アタル』の第4話のネタバレ

 

 

イベント会社「シンシアイベンツ」の制作Dチーム主査・上野誠治(小澤征悦)は、10年前に“伝説のイベント”を手がけて才能が認められ、一気に管理職に上り詰めるも、俺様的性格のせいであっという間に降格。

40代半ばになった今、出世の見込みはほとんどない状況。

 

どうにもうまく行かないのはプライベートも同様だ。妻とは5年前に離婚。

一緒に暮らしている中学生の娘とも、うまくコミュニケーションが取れない日々が続いている。

 

そんなとき、上野を指名した仕事がDチームに舞い込む。

依頼主は上野と一緒にあの“伝説のイベント”を手がけた人物。

新しい携帯サービス会社を立ち上げるにあたり、お披露目イベントの演出を上野に任せたいというのだ。

 

気合が入った自信家の上野は、10年前と同じスタッフを招集し、満足してもらえる企画を提案すると宣言する。

張り切るあまり、周りが見えなくなり、派遣社員の的場中・アタル(杉咲花)らDチームのメンバーを雑に扱ったり、悪態をついたり……と、傍若無人ぶりを更に加速させる。

しかも10年前と同じスタッフを招集しようとするものの、断られてしまう…。

やがて、Dチーム内で上野に対する不満が蓄積する。

 

その後、上野が提出した企画書について、部長と大崎が先方に急遽呼ばれる。

先方から「10年前の焼き直しにしか見えない」とダメ出しされたことを知ると、ショックを受ける上野。

そして、上野は部長や大崎、その他Dチーム全員に当たり散らしてしまう…。

酔っ払って帰宅し、周りのことを悪く言う上野の姿を見た娘が「私、ママの所に行くから」と告げて、家を出て行く。

 

ある日、居酒屋でヤケになっていた上野の元に、アタルらDチームが心配になって駆け付けた。

しかし、上野はせっかく心配してくれるメンバーの気遣いを雑に扱う。

神田(志田未来)は「アタルちゃんに見てもらってください」と提案するが、無視。

そんな中、品川(志尊淳)が「後悔してもいいのかよ、ジジイ!」と、上野に怒鳴りつける。

そして、「たまには誰かに頼ってもいいんじゃないですか…」と諭すと、上野はしばらく考え込む。

 

帰ろうとしているアタルに追いついた上野は「いつも同じ夢を見てしまうんだ、どうしたらいいんだ」と、初めて本音を打ち明ける。

「分かりました、あなたを見ます」

アタルがいつものように上野を占うことになった。

 

「はい、質問は3回までね、早く」

「何でそんな偉そうなんだ…」

「悪い? それが質問……?」

「い、いや…」

いつものように二重人格のように、人が変わったアタル。

 

一つ目の質問は「お、俺の携帯、どこ?」という、どうでもいい質問。

アタルは「すぐ近くにあるものよ、はい次」

「えっ、それだけ…?」と、納得がいっていない上野。

 

二つ目の質問は「どうして俺はみんなから嫌われてしまうのか」

アタルは答える。

「誰かを怒るには資格がいるから」

「誰かを怒る前に、自分を磨けよ、はい、次」

 

最後の質問は、「俺には才能がまだ残っているのか…」

アタルは答える。

「結局、あんたは自分がすごいと言われたいだけ」

「でも、あんたは、10年前のあんたはすごいいい顔をしてた」

「大事なのは、才能じゃない、その時の気持ち」

そして、「今、自分を心配してくれる人を大事にしなさい」と。

 

後日、上野が出社すると、品川に「俺の携帯知らないか」と尋ねると、「警備員の人にもらいました」と答え、携帯を渡すと、

「ありがとう」

上野が初めて品川にお礼を言った。品川は少し嬉しそうだった。

 

上野は娘にメールを送る。

「これから俺は仕事に前向きに取り組む」

「どんな仕事も諦めず頑張る」

と、今まで溜まっていた鬱憤が全て吐き出されるかのように、言葉が出てくる。

 

娘からメールの返信が来ない。

上野は早く早くと待ち望んでいた所、娘からメールが届いた。

「お仕事頑張ってね」

「今度、パパのお仕事見に行きたい」

そして、大好きだよ、というスタンプが送られ、思わず感極まる上野。

 

そんな上野の姿を見てか、品川は口を開いた。

「僕、上野さんのアシスタント、もう一度やらせてください」

「上野さんは厳しいですけど、言っていることは正しいし…、お願いします!!」

そんな品川の姿を見て、上野はますますやる気に満ち溢れていた。

 

その夜、上野は過去の栄光を全て捨て去った。

仕事終わり、飲み会が開催された。

その途中、二次会に行こうと盛り上がっている中、アタルは口を開いた。

「私、行けません」

そのアタルが見つめる先には、アタルのことを探している宗教団体?みたいな連中がいた。

 

 

Sponsored Link

 

ここで、第4話が終了です。

では、第4話の感想をまとめてみました。

 

『ハケン占い師アタル』の第4話の感想

 

 

第4話、終わりましたね。

正直、多少マンネリ化してきましたが、アタルの正体が謎なのと、だんだんと伏線が回収されている感じが結構、楽しみではあります。

 

なぜ、宗教団体みたいな連中は、アタルのことを追っているのでしょうか。(家出か何か?)

個人的に気になったのが、アタルが働いている会社の社長の姿が一向にオープンにならないこと。

この社長の正体も非常に気になりますね。

 

Next>>ハケン占い師アタル 第5話のネタバレと感想!野波麻帆の演技が泣ける…

 

 

『ハケン占い師アタル』を視聴する方法

【auビデオパス】で『ハケン占い師アタル』を全話、視聴できます。

30日間無料でお試しできます。

>>【auビデオパス】詳しくはコチラ

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)