ハケン占い師アタル 第5話のネタバレと感想!野波麻帆の演技が泣ける…

 

杉咲花さん主演、遊川和彦さん脚本のドラマ『ハケン占い師アタル』の第5話が2月14日に放送されました。

そこで、『ハケン占い師アタル』の第5話の内容と感想をまとめてみました。

ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意ください…!

 

Sponserd Link

『ハケン占い師アタル』の第5話のネタバレと感想

 

 

では、第5話の内容をまとめてみました。

前回の記事:ハケン占い師アタル 第3話のネタバレと感想!パワハラがリアルすぎる…

 

まずは内容の方から。

※ネタバレになるので、まだ見ていない方はご注意を!

 

『ハケン占い師アタル』を視聴する方法

【auビデオパス】で『ハケン占い師アタル』を全話、視聴できます。

30日間無料でお試しできます。

>>【auビデオパス】詳しくはコチラ

 

 

『ハケン占い師アタル』の第5話のネタバレ

 

※リアルタイムで更新しています

 

入社12年目の正社員・田端友代(野波麻帆)は淡々と的確な仕事をする一方で、残業や余計な仕事は徹底して断る主義を貫いている。

というのも彼女は長らく、職にも就かずブラブラしている父と弟と3人暮らし。

家計も家事も一手に担わされ、ここ何年も恋愛する暇もないほど、余裕のない毎日を送っている。

 

そのため、勤務先のイベント会社「シンシアイベンツ」でも常にピリピリモード。

人を寄せ付けない空気のおかげで、同じ制作Dチームの仲間との関係も微妙な状態が続いていた。

 

そんな田端に突如、“部長からの余計な仕事”が舞い込む。

社長の重要プロジェクトである“女性躍進プロジェクト”のモデルケースとして、社内報の密着取材を受けるハメになったのだ。

また、Dチームでは、バレンタインイベントの準備が進行中。

田端は本来関与していないイベントなのに、取材のためだけに打ち合わせに出席させられて、イライラしていた…。

 

しかも、この取材がキッカケですっかり気を良くした部長・代々木匠(及川光博)は、田端に社内の大学OB会にまで出るよう命じる。

社長を中心としたこのOB会には、派遣社員の的場中・アタル(杉咲花)もお手伝いとして参加することに。

ところが、そこでとんでもない事態が発生する…! 

 

代々木の度重なるセクハラ発言が導火線となって、田端は感情を抑えられなくなり、ブチ切れてそのまま帰ってしまう。

「いい加減にしてよ!!」と。

アタルはただただその姿を静観していた。

 

次の日、部長はブチ切れていた。

田端を女性プロジェクトから降ろせと、大崎に命令したのだった。 

しかも、田端がアイデアを出したバレンタインイベントまで…。

大崎が田端をフォローすると、田端は「そういうのやめてください」、と。

周りもフォローできない状況だった。

 

田端はカフェにいた。

カフェにはお気に入りの店員がいたのだ。

その店員が今日で辞めることを知った田端は告白しようとするが、何も言えなかった。

偶然、その場にいたアタルに何で告白しないのか聞かれたが、

 

次の日、上野が田端にいう。

「アタルにみてもらったら、どうだ…?」

しかし、田端はそんなのは信用していませんから、と断る。

みんなが出て行った後、

「私だって、占いくらい全部勉強したわよ」

机の中から占いに関するたくさんの本が。

 

田端は泣きながら本音が漏れる。

「でも、どうしても幸せになれないのよ…」

「もう疲れた、幸せ見つけるの」

 

出て行ったと思われたアタルがそんな田端を見て、決断する。

「あなたをみます」と。

 

いつも通り、質問は3つまでというと、1つでいいわ、と田端。

「何で私は幸せになれないの」

アタルは答える。

 

結局、あんたは欲張りなのよ

幸せなんて周りと比べても意味がないのよ

平等に不公平なのよ

待っていても、意味がないのよ、幸せは自分で作るもんなんだよ

そう答えたアタルはその場から去った。

 

バレンタインイベント当日。

田端は客席からイベントの様子を見ていた。

あるお客さんが男性に告白するシーンが。

その男性が何とあのカフェの店員だった。

しかも、告白をオッケーする。

その様子を見た田端はショックを受けていた。

 

そのまま帰ろうとすると、なぜか神田(志田未来)の姿が。

ある尊敬する女性の先輩にチョコを渡したいです。

その先輩は…と、どうやら田端に渡したいらしい。

田端はいてもたってもいられず、神田からチョコを受け取らず、そのまま立ち去った。

 

イベント終了後、神田は田端からチョコを受け取ってもらえず、ショックを受けていた。

しかし、残業をしないで有名な田端がわざわざ会社に戻ってきて、ホットチョコレートをチームのみんなに配っていた。

田端はこう言った。

「私は愚かだった。こんな良い仲間と良い仕事ができていたのに…」

「もっともっとこの仕事を好きになれるように、頑張りますので、よろしくお願いします」

そういって、頭を下げた。

またDチームの空気が戻ったのだった。

 

後日、アタルと話す田端。

「そういえば、アタルちゃんのお母さんってどんな人なの?」

アタルは深刻な表情をしながら

「母は私と違って、強い人間です」

そう答えた。

 

一方、アタルのお母さんは女性を占っていた。

それが何とあの大崎だったのだ…。

 

 

『ハケン占い師アタル』の第5話の感想

 

第5話、終わりましたね。

野波麻帆さんの泣きの演技、最高でした。

アタルちゃんの熱弁は自己啓発のビジネス書を読んでみる感じで、あまりピンとこなかったのですが、(杉咲花ちゃんの演技は良い!)

野波麻帆さんのあのリアルで切実な感じは、すごい切なさを覚えました。

 

そして、いよいよ次は大崎さんの主役回。

次はアタルのお母さんが絡んで来そうな予感。楽しみすぎます。

“ISOPP”
アタルの過去編はいつになるのか…

 

『ハケン占い師アタル』を視聴する方法

【auビデオパス】で『ハケン占い師アタル』を全話、視聴できます。

30日間無料でお試しできます。

>>【auビデオパス】詳しくはコチラ

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)