本多有香の大学や家族を調査!犬ぞり師としての年収や実績は?

 

4月13日(木)に放送される「クレイジージャーニー」に出演予定の犬ぞり師、本多有香(ほんだ ゆか)さんについて色々と調査してみました。

 

本多有香さんの学歴や結婚相手、家族などの詳しいプロフィールから、犬ぞり師としての実績や年収などのも調査してみたいと思います。

 

Sponserd Link

本多有香のプロフィール

引用:http://www.e-nikka.ca/Contents/150101/topics_01.php

 

出生年:1972年生まれ

出身:新潟県

大学:岩手大学農学部

 

本多有香さんは、大学卒業後、就職の道を選びますが、その後”夢”を諦めきれず、マッシャー(犬ぞり使い)になるために、単身でカナダに渡ります。

 

そもそも、彼女は大学3年生の時にカナダで”犬ぞり”という特殊な職業に出合ったことがきっかけでこの犬ぞりを知り、そこで犬ぞりに魅了されたという。本多さん曰く「オーロラより感動した」とのこと。

 

ちなみにですが、本多さんの出身大学は岩手大学農学部。岩手大学は国立大学なので、成績もかなり優秀だったのでしょう。

 

◆犬ぞり師になる

 

25歳の時、犬ぞり師になるために、カナダへと向かいます。

 

そこで、まず彼女が取った行動は「ベテランのマッシャーに弟子入り」するという…。当時のカナダのチャンピオンに「お金は要らない。何でもするから、そこに置いてほしい」とのメールをし、オッケーをもらったようです。

 

すごい度胸と行動力ですよね!これは自分も非常に見習いたいものです。

 

その後、犬のお世話がかりとして、朝から夜遅くまで働きながら、マッシャーについてイチから学びました。

 

本多有香の年収や実績は?

 

Sponsored Link

ここで、彼女の犬ぞり師としての実績をまとめてみたいと思います。

 

<本多有香の実績まとめ>

 

・2012年「ユーコンクエスト(1600キロ)」完走(日本人女性初)

・2015年「アイディタロッド(1600キロ)」完走(日本人女性初)

・2015年「植村直己冒険賞」受賞

・著書「犬、走る」出版

 

いや、1600キロって異次元ですよね。凄すぎ…

「ユーコンクエスト」というレースは、世界的にも注目されていて、10日間という期間中に犬と人が雪の上を走り抜ける「世界で最も過酷なレース」とも呼ばれています。

 

レースに参加するための犬を確保したり、レースの知識を得るのも至難の業ですが、それ以上に2万ドルというエントリー料金もかなり高額なので、まさに「過酷なレース」ですね。

 

引用:http://www.e-nikka.ca/Contents/150101/topics_01.php

 

◆本多有香の年収は?

 

犬と、走る

本多 有香 集英社インターナショナル 2014-04-25
売り上げランキング : 388125

by ヨメレバ

 

 

また、本多さんの年収ですが、はっきりとした数字は明らかになっていませんが、本人曰く「(経済的には)かなり厳しい状況」とのこと。

 

先ほどの「ユーコンクエスト」というレースですが、優勝すれば3万ドルという高額な賞金も出ますが、事前に犬を用意したりと、レースに参加するまでに準備資金が結構いるようです。

(本多さんは資金稼ぎのために、ビルの清掃やレストランの皿洗いなどのような単発バイトのようなことも行なっていたようです)

 

これだけの輝かしい実績をお持ちなのに、経済的に厳しいという状況は、この「犬ぞり師」という職業のシビアな部分が分かりますね。

 

本多有香の家族は?

 

 

最後に、彼女の家族についてですが、こちらに関しては、これといった情報がありませんでした。つまり、家族はいないとみて間違いないかと思われます。

 

そもそも、こんな過酷な状況で家族も一緒に暮らしているというのも予想しづらいですが。

 

ただ、彼女にとっては犬を「この子たち」と呼ぶように、家族のように触れ合い、思いやっているのでしょうね。

 

どんな過酷なレースでも、最悪な状況でも「家族が一緒」だから乗り越えられたのかもしれませんね。

 

Sponsored Link

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)