自己免疫性脊髄炎の市原悦子の原因や症状は?急性脊髄炎との比較も

 

女優の市原悦子さんが自己免疫性脊髄炎により入院されることが分かりました。

そこで、この「自己免疫性脊髄炎」という病気について色々と調べてみたいと思います。

一体、どのような病気なのか、詳しく調査してみました!

 

Sponserd Link

自己免疫性脊髄炎とは?

 

 

そもそも、脊髄炎という病気は、部位によって症状が全然違うようです。

 

例えば、胸部に損傷を受けた場合。

その場合、損傷は受けた部分よりも下位の部分に症状が現れるので、

両足に麻痺が生じるようになり、歩行が困難になる恐れがあります。

 

また、基本的には症状が両側に表れるため、両足、両腕が麻痺する恐れがあるようです。

 

何とも恐ろしい病気ですね。。

仮に両腕、両足が使えないとなれば、ゾッとしますね。

 

ちなみに、市原悦子さんのこの病気の症状については、まだ詳細は明らかにされていないようです。

ただ、このような症状になる可能性もあるということです。

 

原因については?

 

Sponsored Link

原因は、大きく3つに分類されます。

 

・ウイルス、細菌、寄生虫による感染

・膠原病

・多発性硬化症などの自己免疫疾患

 

この3つに分類されるようです。

市原悦子さんは「風邪という体調不良」からこの病気が始まったとされているので、ウイルスや細菌による感染、つまり急性脊髄炎とみて、間違いないだろうと思われました。

 

しかし、原因を探ってみると、「自己免疫性脊髄炎」ということが判明し、多発性硬化症などの自己免疫疾患が原因であることが分かりました。

これにより、単なる急性脊髄炎とは治療方法が変わることが判明しました。

 

治療方法について

 

急性脊髄炎ならば、抗ウイルス薬や副腎皮質ステロイド薬(原因による)で良かったのですが、

自己免疫性脊髄炎なので、頸部の脊髄の損傷による呼吸不全や泌尿器に障害がある場合があるので、臨機応変に対応し、治療しなければなりません。

 

ゆえに、急性脊髄炎よりも治療することが困難であることが分かります。

 

あとがき

 

本当、この報道を聞いて思いましたが、こういう病気は他人事には思えませんね。

 

多発性硬化症は、日本には1万人以上の患者さんがいて、

若い人でも普通に起こりうる病気みたいなので、

「自分は大丈夫だと高を括れるような病気」ではないのです。

 

また、ウイルスや寄生虫から感染されたら、ただの風邪だと思って放置する可能性もありますからね。本当、厄介な病気です。

 

市原悦子さんが早急に復帰されることを願っております。

 

Sponsored Link

こちらの記事も読まれています

 

アニサキス胃腸炎の予防は出来るの?注意点や治療方法についても!

白鳥(氣志團)の職業性ジストニアの原因や治療方法は?現在の画像も!

 

おすすめ記事一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)