かぐや様は告らせたい 最新131話のネタバレと考察!驚きの結末に…!

 

『かぐや様は告らせたい』の最新話の131話が『ヤングジャンプ 14号』(3月7日発売)に掲載されました。

そこで、『かぐや様は告らせたい』の最新131話の内容、感想、考察をまとめてみたいと思います。

今回は一体どんな展開となるのか。

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『かぐや様は告らせたい』の最新131話のネタバレと感想

 

前回の130話では、早速、実写映画をイジってきました。

 

前回はコチラ

⇒かぐや様は告らせたい 最新130話のネタバレ!実写映画を早くもイジる

 

では第131話の内容と感想をまとめてみました。

まずは内容の方をまとめていきます!

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

 

『かぐや様は告らせたい』の131話の内容ネタバレ

 

 

白銀たちがクリスマスの話で盛り上がっている中、

一方、URからのDK、海外留学の話も絡み、かぐやの脳はパンク寸前だった。

そして、それをイメージするとこうなったのだったーー

 

第二回、頭脳戦が開廷。

被告人のかぐや(アホ)は白銀の唇を奪い、あろうことか舌まで入れたことにより、”大人キッス罪”に相当するとされた。

そして、検察官のかぐや(氷)は死刑を求刑する、と。

弁護人の四宮かぐやは「・・・異議なし」と答えた。

(弁護人が弁護してくれない!?)

「会長の前で変な行動を取ったりしましたよね」と尋問されると、

「覚えてない」と都合のいい顔をするかぐや(アホ)。

議論がヒートアップする中、裁判長のかぐや(幼)は話をまとめる。

 

 

論じるべき点は3つ。

  1. 会長の関係性について
  2. 海外留学について
  3. 大人キッスについて

 

まずは1つ目。

キッスしたからこんなの恋人でしょ、という被告だったが、検察官はキッスしたら恋人という理屈を通すなら娼婦はみんなと恋人よ、と。

そして1の結論は、友達以上恋人未満、ということになった。

 

次、二つ目。

議論の結果、海外留学については、会長と行く、に決定となった。

 

そして、最後の3つ目。

「どうするの、これ…」

「本当にどうするの、これ!!!!」

と検察官のかぐやは激しく焦る。

「会長にど淫乱に思われている可能性があるのよ!本当にどうするのよ!!」

 

かぐや(アホ)「説明すればいいじゃない…」

かぐや(氷)「でも、説明は恥ずかしいわ…」

かぐや(アホ)「じゃあ、むしろ大人な女というポーズを貫いたら」

かぐや(氷)「バカなか会話ね、だから」

かぐや(氷)「だからキッスなんてするべきじゃなかったのよ」

 

そもそも男からするものでしょというかぐや(氷)に、かぐや(アホ)はそれは性差別だ!と強く否定する。

しかし、かぐや(氷)は、

「私は唇を奪うより奪われる方が趣味なの!」

と、まさかの暴露をする。

 

そして、その無計画さが問題だという。

氷ちゃんは会長のことが好きじゃないからそんなこと言えるのよ…

と言われると、思わず

「白銀御行を好きになったのは他でもないこの私よ!!」と思いっきり意味不明なアピールをする。

「私は会長からキッスをするとずっと思ってたのに…」

 

なんで貴方が勝手にするのよ…

たまには私の気持ちも汲んでよ!!

 

そういうと、かぐやはパッと目が覚めた。

目の前には白銀。

「目が覚めたか四宮、おはよう」

「ええ、ずいぶん長く眠りこけてしまったようですね」

「おはようございます、”白銀さん”」

「珈琲を一杯淹れて頂戴」

 

ここで、131話は終了です。

では、感想・考察の方へ参ります。

 

Sponsored Link

 

『かぐや様は告らせたい』の131話の感想・考察

 

View this post on Instagram

『かぐや様は告らせたい』初ノベライズ、9月19日にコミックス最新刊と同時発売します✨ タイトルは『かぐや様は告らせたい 小説版 〜秀知院学園七不思議〜』❗️ 赤坂アカ先生渾身の描き下ろしイラストはもちろん、全面監修のこちら、ファンなら見逃せない作品です❤️ 個人的には石上君の予想外の活躍がツボでしたw 石上がんばれ‼️ #かぐや様は告らせたい #赤坂アカ #カバーも口絵ピンナップも #描き下ろしです💕 #羊山十一郎 #四宮かぐや #白銀御行 #藤原千花 #石上優 #伊井野ミコ #天才たちの知力能力の全力のムダ遣い #ノベライズでも堪能できます💕 #はじめしゃちょーも読んでくれているそーな #ありがたみしかない #JUMPjBOOKS #JUMPjBOOKS25周年 #Jブックス #編集部 #公式アカウント

A post shared by 集英社JUMP j BOOKS編集部 (@jump_j_books) on

 

主人公・かぐや様の”ひとり裁判”で終わった、今回の131話。

最期の最後で、かぐや様(氷Ver)に変身するという、まさかの展開になりましたが、一体どうなってしまうのか。

(しかも、まさかの暴露までしてしまう始末)

 

またかぐやと白銀の間に一波乱起こりそうな予感がします。

 

“ISOPP”
ひとり裁判、結構使えるな

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)