かぐや様は告らせたい 最新133話のネタバレと考察!氷のかぐやの行方は?

 

『かぐや様は告らせたい』の最新話の133話が『ヤングジャンプ 17号』(3月28日発売)に掲載されました。

そこで、『かぐや様は告らせたい』の最新133話の内容、感想、考察をまとめてみたいと思います。

今回は一体どんな展開となるのか。

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『かぐや様は告らせたい』の最新133話のネタバレと感想

 

 

では最新話となる133話の内容と感想をまとめてみました。

今回は一体どんな内容となるのか。”氷のかぐや”は一体どうなるのか。

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意ください。

 

 

『かぐや様は告らせたい』の133話の内容ネタバレ

 

 

「今日は髪結わなくていいわ」

かぐやはまだ”氷のかぐや”のままだった。

 

一方、教室にいる白銀は一刻も早く眠りにつきたい、そう思い羊の数を数えていた。

「羊が87匹、羊が88匹、羊が89匹、ひつ、ひつ、棺が1基、棺が2基・・・」

石上「棺!?」

クリスマス二日前、白銀の心にヒビが入っていた。

それもそのはず、初めていい感じだった文化祭を経て、いよいよ交際が始まるかと思っていた所に、突如かぐやの「意気地なしとは付き合えません」発言。

しかも追いうちをかけるかのようなトラウマワード。

白銀は完全に精神バランスを崩していた。

 

そんな中、かぐやが教室に入る。

石上とのやり取りを見る限り、結構機嫌が良さそう。

白銀は「四宮、おはよう」と挨拶すると、

「プイッ」

「ーーーーー!」

(「なんで無視!?」)

なぜ四宮の機嫌が悪いのか、なぜ無視されたのか不明な点が多いが、やっぱり、もう一度ちゃんと話がしたい、そう思う白銀だった。

 

一方、かぐやは、ミコに香水をつけていることがバレる。

「四宮副会長、校則違反ですよ」

「伊井野さん、これはあなたにあげるわ」

「えっ」

「クリスマスも近いし、この機会に覚えておくのも…」

かぐやは、ミコにぐっと近づき、その香水をつける。

「伊井野さんの身体、甘い香りがするのね」

かぐやがミコに「これで共犯ね」というと、ミコは、

「でも・・・」

「この香水、ちょっとオバサン臭くないですか?」

「・・・」

かぐやはすぐに「違う」と否定する。

 

そんな中、白銀がかぐやに「ちょっと話が・・・」と声をかけると、何も言わず去っていてしまう。

かぐやを追いかけると「もうこれ以上、私に近付かないで」と言われてしまう。

白銀はショックを受けていたが、四宮が逃げた理由は、まだ香水をつけて30分経ってないからだった。

そう、つけてすぐは少しオバサン臭くなるのだ。

しかし、かぐやはここで気付く。先程の追跡劇により、体温が上昇。今がベストなタイミング。

 

「分かった、もう四宮には近付かない・・・」

「待ちなさい、どこへ行くの」

「えっ!?」

「だってあっち行っててって・・・」

「今は居ていいの、むしろ居なきゃ駄目・・・」

(「女心が一ミリも分からん!」)

 

白銀「なぁ、やっぱり変じゃないか」

かぐや「わたしはいつも通りですけど」

白銀「やっぱり何かあったんじゃないか」

かぐや「強いていうなら、浮かれてた気分を抑えてた、ということでしょうか」

かぐやは海外留学を受けたことにより、浮かれてなどいられない、とそう答えた。

白銀「じゃあ、あのキスも浮かれてた勢いか?」

「そういうことになりますね」

「・・・」

「じゃあ」

「いま、ここでキスしてみますか?」

(「ん?デジャブだな・・・」)

かぐやが白銀にせまると、白銀はやっぱりキスはできない、と答えると、かぐやは白銀のお腹を蹴った。

白銀「何で蹴った!?」

かぐや「すみません、キスを必要以上に神聖視する輩を蹴飛ばすのが四宮流なのもので」

白銀「一体、何に怒っているんだ?」

かぐや「それは・・・」

白銀「無視するし、いつもより表情がくらいし、髪は下ろすし、普段しない香水の良い香りがするし・・・、心配なんだよ」

「!!」

 

かぐや「いい匂いですか?」

白銀「ああ、めっちゃいい匂いだよ」

かぐや「そうやって気付いてくれれば、上機嫌なのに・・・」

白銀「もしかして四宮、前に寒い寒い言ってたのは”手を繋げ”ってこと?」

かぐや「しょ、しょんなワケないでしょ!!!!」

白銀「四宮!?」

 

本日もやはり四宮の敗北だった。

 

ここで、133話は終了です。

では、感想・考察の方へ参ります。

 

Sponsored Link

 

『かぐや様は告らせたい』の133話の感想・考察

 

今回も一瞬、解凍しかねたものの、氷のかぐやのままでした。

女心が一ミリも分からん!!、と心の中で叫んだ、白銀、激しく同意します。

今回のパターンは例外かも分かりませんが、論理的じゃない行動をされると男はどうすればいいのかパニックに陥ります。

女性の皆さん、白銀みたいなイケメンをオトす時はくれぐれもかぐやみたいにならないように。

 

“ISOPP”
でも、振り回されているから、結果、間違っていないのかも・・・

 

Next>>かぐや様は告らせたい 134話のネタバレと感想!かぐやと会長がまた〇〇を?

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)