カイジTBS番組2017の出演者や番組内容を調査!誰が優勝するのか?

 

2017年、あの原作漫画がスペシャルとなって放送されることが決定しました…。

福本伸行さん原作「カイジ」がTBSで年末に放送されます。ネット上も”ざわ…ざわ…”しております。

 

そこで、このカイジの番組内容、優勝者、出演者…などなど、まとめてみました。

 

Sponserd Link

「カイジ」とは?

 

 

原作:福本伸行

掲載誌:週刊ヤングマガジン

 

1996年から連載され、今もなお連載中の漫画「カイジ」は、2009年には映画化もされました。

この映画が20億円以上の大ヒットとなり、この映画によってさらに有名になった作品でもあります。

 

この「カイジ」では、命を賭けた極限の勝負の中での人間の思考・生き様が描かれていて、

様々な名言も注目されるようになりました。

個人的には利根川の「金は命より重い…」が結構好きです。

 

「カイジ」がテレビ放送決定!内容は?

 

そんな人気漫画「カイジ」が2017年にテレビ放送されることが決定しました。

しかも芸能人が出演するのではなく、”一般人から応募”するというシステムなので、かなり画期的な内容になりそうです。

 

演出が「水曜日のダウンダウン」の藤井健太郎さんなので、無難な番組にはならないと思い、個人的にはかなり注目しています。

BPOの圧力に対抗できるのか… そこも見所の1つです。

 

番組の内容としては、

 

出演者がカイジで行われたようなギャンブルをし、優勝者(勝ち残った人)には200万円(予定)の賞金とゲーム内で獲得した賞金が渡される

 

という。

 

200万円という数字が逆にすごいリアル(笑)

これが1000万円とかになれば、ちょっとやらせ感が出てくるのですが、200万ならガチで貰えそう…と思ってしまいます。

 

 

「カイジ」テレビ放送はいつ?

 

テレビ放送の日程については、まだ未定とのことでしたが、

”2017年12月の年末”に放送されることは決定したとのことなので、12月後半かと予想されます。

 

また、放送日程が決定次第更新します!!

ちなみにテレビ収録自体は12月上旬の土日に行われるようです。

 

※追記1

放送日程は『12月28日(木)の22時〜』となりました。

 

 

「カイジ」出演者や優勝者は?

 

Sponsored Link

 

「カイジ」の出演者については、応募自体は締め切りがあったので、すでに決定はしていると思いますが、

まだ情報は公開されていませんでした。

 

※番組内容、優勝者なども随時更新していきます。

 

※追記2

 

「カイジ」出演者が発表されました!

 

<出演者一覧>

  • 大浦 忠明(おおうら きらら) (40) ー  借金550万円
  • 澤田 開士(さわだ かいじ)(20) ー  借金40万円
  • 瀬川 明(せがわ あきら)(24) ー  借金50万円
  • 福田 剛佳(ふくだ つよし)(24) ー  借金235万円
  • 佐佐木 智子(ささき ともこ)(23) ー  借金1000万円
  • 藤田 雄亮(ふじた ゆうすけ)(37) ー  借金8億円
  • 戸根川 公代(とねがわ きみよ)(43) ー  借金100万円
  • 岡野 陽一(おかの よういち)(36) ー  借金750万円
  • 山根 隆洋(やまね たかひろ)(23) ー  借金15万円
  • 鈴木もぐら(すずき もぐら)(30) ー  借金600万円
  • 竹内 佑恭(たけうち うきょう)(22) ー  借金250万円
  • 伊藤こう大(いとう こうだい)(36) ー  借金200万円

 

借金が8億円という人がいたり、本名が”リアルカイジ”の人がいたり、名字が”戸根川”という人がいたり…と、

やはり一癖も二癖もあるような方々が選ばれていました。

 

<カイジ 競技内容>

  • 1st ステージ ー  「鉄骨渡り」
  • 2nd ステージ ー  「多数決カード」
  • 3rd(FINAL)ステージ ー  「ペリカ双六(すごろく)」

 

「あの鉄骨渡りが再現される日がくるとは…」

監獄のような、あの地下強制労働施設も再現されます。

 

<カイジ「予告動画」>

 

 

あとがき

 

近年、規制やコンプライアンスがますます厳しくなり、

面白い番組はAmazonプライムやNetflixなどのネット配信に移行する形になっていますが、民放各局もこれをきっかけにぶっ飛んだ番組も放送してほしいですね。

 

民放は、スポンサーありきの放送なのでそれも厳しいことは分かっているつもりですが、ギリギリのラインを攻めていってほしいとそう思います。

 

 

 

原作の方も好評発売中です。

ギャンブル漫画を20年以上描く福本伸行さんの継続力は本当に尊敬します…。

 

Sponsored Link

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)