元KARAのニコルの現在の画像と脱退の理由は?活動内容も調査!

 

元KARAのメンバーで現在ソロで活動しているニコル。

そのニコルがKARAを脱退した理由とは一体何だったのか。

また、ニコルの現在の活動内容について調べてみました。

 

Sponserd Link

ニコルのプロフィール

 

まずは、ニコルの簡単なプロフィールからご紹介します。

 

スクリーンショット 2016-02-26 18.50.58

引用:http://www.dclog.jp/en/

 

本名:チョン・ニコル

生年月日:1991年10月7日

出身:アメリカ

所属:B2Mエンターテインメント

 

2007年にKARAのメンバーとして『the First Bloooooming』でデビューしました。

そしてあの大ヒット曲「ミスター」でたちまち話題になりました。

 

 

この当時はKARAと少女時代がツートップで、AKBやモーニング娘という日本のアイドル人気をはるかに越えた人気でしたね。

 

また、バラエティ番組でもアドリブ力を発揮し、

「さんまのまんま」「しゃべくり007」という人気番組にも度々出演していました。

 

KARAのメンバーの中では、笑顔が素敵で、明るく元気なキャラとしても人気で、テレビ番組では「元気なニコル」「ニコニコニコル」と自己紹介していました。

 

ちなみに、プライベートでは、男性と付き合ったことは未だないと語った様子。非常に勿体無い。

 

そんな彼女が人気絶頂グループKARAを脱退することになったのはなぜなのか。

 

ニコルのKARA脱退の理由は?

 

2014年1月に話は遡ります。

DSPメディアとの専属契約満了によりKARAを脱退しました。

事の発端は、2011年にKARAのメンバーがDSDメディアに訴えを起こしたのがきっかけです。

 

そもそもKARAのメンバーは経営陣とは仲が悪いわけではなかったのですが、

当時代表のイ・ホヨン氏が病で倒れてしまい、それに代わって代表になったイ・ホヨン夫人が代表代理になると、形勢は一気に変わりました。

 

それまでの代表の側近を蔑ろにし、自分の思い通りにできる側近陣を用意するという独裁政治的な新体制を敷きました。

そして、この”独裁政治”により、会社全体の売り上げは落ち、karaメンバーの実情を無視し、無理難題なスケジューリングを強行したりしました。

それにより、内外から批判の声が上がり、周りからは「無能経営陣だ!」と批判されました。

 

また、KARAのメンバーにはありえない給料で働かせていたみたいです。

その驚きの金額、月収1万という…。

 

KARAの収入が低すぎる問題が勃発?

 

月1万円!?

思わず目を疑いましたが、これは訴えるのは当然ですね。

そして、KARAのメンバーは「契約期間の短縮」「経営陣の交代」「マネージメントチームを補強して契約と清算システムを透明化する」という内容の訴えを起こしました。

 

これに対してDSPメディア側はこういうコメントを発表しました。

 

DSPメディア側は条件付きで一部を受け入れるという。
ある関係者は、「契約期間の短縮と経営陣交替はとても無理な要求ではないか」としながら、「マネージメントチームを補強して契約と精算システムを透明化するのは、メンバーらが復帰して議論するならば部分的に受け入れるものとみられる」と伝えた。

引用:http://japanese.joins.com/article/

 

 

結局、日本のファンの熱意を汲んで「今後の事務所の改善を期待して」再スタートを切りますが、事務所側の対応は一向に改善されませんでした。

 

しかもソロを視野に入れていたニコルに対して、ソロパートを極端に減らしたり、ニコル以外のメンバーで番組に参加させたりというパワハラ的な嫌がらせをしてきました。

それも3年間という長い期間…。

 

そして2014年、ついにニコルはKARAを脱退することを決意し、脱退しました。

脱退後、ソロデビューをして、今に至ります。

 

Sponsored Link

 

ニコルの現在の画像は?

 

公式インスタグラムの画像をまとめてみました。

 

View this post on Instagram

우아 ?

A post shared by 니콜 ニコル (@nicole__jung) on

 

 

“ISOPP”
少し大人っぽくなったな…

 

また、2月17日に新曲DON’T STOPが発売されました!

PVも公開されています。

 


 

 

あとがき

 

「DON’T STOP」は、オリコンシングルランキングでも初登場から2週目までベスト10内をキープしている、とのこと。

アーティストとして活躍することは、嬉しいことこの上ないのですが、個人的にはまた、バラエティにも出て欲しいですね。

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)