健康で文化的な最低限度の生活 全巻全話ネタバレと感想まとめ!

 

吉岡里帆さんが主演を務めたドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の原作となった柏木ハルコさん原作の同名漫画の内容を”全巻(全話)”まとめてみました。

ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『健康で文化的な最低限度の生活』全巻全話ネタバレ・感想

 

原作:柏木ハルコ

出版社:小学館

掲載誌:ビッグコミックスピリッツ

巻数:既刊8巻(2019年6月現在)

 

2014年3月31日から発売された漫画『健康で文化的な最低限度の生活』。

ドラマが話題になり、6巻で累計70万部(電子版を含む)を突破しました。

2019年6月現在、8巻まで発売されています。

 

第1巻〜最新刊までの内容をまとめてみました。

 

1巻(丸山、平川、岩佐、阿久沢のケース) 2巻(岩佐、阿久沢、中林、日下部のケース)
3巻(日下部、水原律子、島岡光のケース) 4巻(島岡光、林京子のケース)
5巻(林京子、赤嶺岳人のケース) 6巻(赤嶺岳人のケース)
7巻(佐野美琴のケース) 8巻(佐野美琴のケース)

 

※クリックしても他のページに飛ばない場合は、まだ準備中です

 

 

続いて、

今までに登場した生活保護受給者を一覧でまとめてみましたので、一人ずつ解説してみました。

 

 

Sponsored Link

 

生活保護受給者リスト一覧

 

◆第1巻の生活保護受給者

 

  • 丸山 ・・・ 75歳の女性。認知症の疑いがあり(えみるが担当)
  • 平川孝則 ・・・ 元会社員。自殺すると電話した次の日に自殺をした(えみるが担当)
  • 岩佐朋美 ・・・ 夫からのDVで離婚した2児の子供をもつシングルマザー。うつ病やPTSDの傾向も見られる(七条が担当)
  • 阿久沢正男 ・・・ 元自営業で多額の借金がある。

 


◆第2巻の生活保護受給者

 

  • 中林 ・・・ 54歳の男性。前の職場を人間関係トラブルで退職してから2年以上働いていない(栗橋が担当)
  • 日下部 ・・・ 母子家庭の受給者。長男・欣也のアルバイトが後に問題となる(えみるが担当)

 


◆第3巻の生活保護受給者

 

  • 水原律子 ・・・ 64歳の女性。(担当は桃浜)
  • 島岡光 ・・・ 26歳の青年。うつ病で仕事を退職。(担当はえみる)

 


◆第4巻の生活保護受給者

 

  • 島岡光 ・・・ 26歳の青年。うつ病で仕事を退職。(担当はえみる)
  • 林京子 ・・・ 75歳の女性。高知から夫のDVで息子のアパートに逃げてきた。

 


◆第5巻の生活保護受給者

 

  • 林京子 ・・・ 75歳の女性。高知から夫のDVで息子のアパートに逃げてきた。
  • 赤嶺岳人 ・・・ アルコール依存症に悩まされている39歳の男性。

 


◆第6巻の生活保護受給者

 

  • 赤嶺岳人 ・・・ アルコール依存症に悩まされている39歳の男性。

 


◆第7巻の生活保護受給者

 

  • 佐野美琴 ・・・ 二児の母親。祖母、母親と生活保護を受けていた。

 

 

 

あとがき

 

ドラマは残念ながら低視聴率となってしまいましたが、ネット上の感想として「すごく考えさせられる」「面白かった」という肯定的な意見も多かったように思います。

生活保護という一見、全然自分には関係ないと思われるテーマですが、しかし、自分も他人事ではありません。

病気になって、お金がなくなって、生活保護を受ける可能性だってゼロではありません。いつ身近になるか分かりません。

 

そのためにも、こういうタメになる漫画をこれからも応援していきたい、そう思っています。

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)