キングダム 最新592話のネタバレと考察!松左の命が危ない…?

 

原泰久さん原作の人気漫画『キングダム』の最新話となる592話が『ヤングジャンプ 14号』(3月7日発売)に掲載されました。

そこで、『キングダム』の592話の内容と感想、考察をまとめてみました。

今回もまさかの展開となりました。

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『キングダム』592話のネタバレと感想!

 

前回は、河了貂の狙いがドンピシャに当たり、見事にピンチを切り抜けたものの…という展開に。

 

 

さて、今回の592話は一体どんな展開となるのか。

では、内容の方をまとめてみたいと思います。

(ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!)

 

 

『キングダム』592話のネタバレの内容ネタバレ

 

 

秦VS趙の14日目。

信率いる飛信隊の敵は趙峩龍軍。

”攻撃一本”に舵を切った信は前線が突き進む。

 

飛信隊・渕は遠くから分析していた。

信が先頭に騎馬隊は奥に入っているが、その分、中間は助け回るのに必死の状態。

中間が崩壊してしまうと、本陣も危うくなる。

 

渕は松左と一度合流するのが先決と考え、

「お前たち、松左隊の出番だな!松佐はどこだ?」

「し、松左さんは安丁を助けに…」

「な、何?」

渕は激しく動揺する。

 

その頃、松左は安丁を助けに敵に完全に包囲された所に着いた。

しかし、やはり案の定、敵の方が数が圧倒的だった。

松左はいいから、早く行け、左へ走れと命令する。

 

が、その時、

ドス

「・・・!」

松左が敵に後ろから刺されてしまう。

「松左さっ・・・」

松左は倒れるが、何でもない、と答える。

 

そして、松左さんだけでも…と、安丁がここから抜け出す策を考える。

「松左さん、一度俺らの後ろに下がってくれ」

「これじゃ俺たち、ただ足を引っ張ったバカで終わる、それだけは!」

 

しかし、松左は、

「そんなんなら始めから飛信隊に入ってくんじゃねぇよ、バカヤロウ共が!」

と説教をする。

 

そして、話を続ける。

「新人のバカたれ共が足手まといは当然だろうが」

「お前らは俺たちと…」

「信が見ている景色を一緒に見たいからウチに来たんだろうが」

「だったから俺何かのために命捨てるなんて口が裂けてもいうんじゃね!」

「飛信隊が奇跡を起こして勝つって信が言っただろうが」

「それを支えんのが俺やお前たちなんだ」

「ここはまだお前たちの死に場所じゃない」

 

敵が襲ってくる中、松左は指揮を取った。

「しっかりついてこい」

「みんなで死地を乗り越えるぞ」

 

安丁は思った。

(「クソっ、少しでも松左さんの前に行って助けに行ってやりてぇのに、追いつけねぇ」)

(「すげぇ、かっこいいな、俺らの先輩はー」)

敵がだんだんと減ってきた。

 

やりましたね、松左さん!と盛り上がる中、松左は、

「俺を出来るだけ前の方に運んでくれねぇか」と小さく呟き、そのままバタッと倒れたのだった。

 

 

Sponsored Link

 

ここで、キングダムの592話が終了です。

では、考察・感想の方へ。

 

 

キングダム 592話の感想・考察

 

信の奇襲により、飛信隊にとって大きなチャンスが巡ってきたと思いきや、まさかの更なるピンチが…!

飛信隊の古株・松左が大きなダメージを負いました。

この熱弁が松左の最期の言葉になりそうな、そんな予感がします。

 

次回も目が離せない展開となりそうです。

“ISOPP”
次回は信が登場か!?

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)