キングダム 最新593話のネタバレと考察!信が絶体絶命の大ピンチ!?

 

原泰久さん原作の人気漫画『キングダム』の最新話となる593話が『ヤングジャンプ 15号』(3月14日発売)に掲載されました。

そこで、『キングダム』の593話の内容と感想、考察をまとめてみました。

とんでもない結末でした・・・!

※ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!

 

Sponserd Link

『キングダム』593話のネタバレと感想!

 

 

さて、今回の593話は一体どんな展開となるのか。

では、内容の方をまとめてみたいと思います。

(ネタバレになるので、まだ読んでいない方はご注意を!)

 

 

『キングダム』593話のネタバレの内容ネタバレ

 

【三大天の盾】

秦VS趙の14日目。

信率いる飛信隊の敵は趙峩龍軍。

 

飛信隊の服歩兵長・松左は仲間のピンチを救うべく向かったが、敵に刺されてしまう。

そして、バタッと倒れた。

「死なないでください!松左さん」

周りが松左にエールを送るが、松左は完全に意識を失っていた。

 

一方、信はもうすぐ趙峩龍軍の本陣に突入する勢いだった。

趙峩龍も信の圧倒的な攻撃にかつての王騎のようだ、と称賛した。

「堯雲が”六将の気配を感じる”と言った見立ては誤りではなかったということか」

「ならばやはりこの趙峩龍も全力で応えようか」

そう呟き、信の首を狙いに行った。

 

しかし、本陣がだんだんと後ろに逃げていく。

待て!と信が追う。

が、これは完全に罠だった。

 

そう、趙峩龍は将自ら先陣をいく飛信隊は横の攻撃に弱いと考え、横の攻撃に切り替えたのだ。

それが功を奏し、飛信隊は徐々に戦力を減らされる。

しかも、信には趙峩龍軍の土雀の右と左の隊長、二人が一気に攻める。

趙峩龍はこう語った。

 

「嫌な相手で悪かったな、飛信隊」

「俺は堯雲と違い相手の刃が体に触れることなく常に勝つ」

信は2対1の戦いに完全に苦戦した。

「愚か、無防備なり!」と、

相手の矛が信の体に刺さる。

 

が、その時、信は、

「テメェだ、バカ!」

と、やられる前に相手の首をやったのだった…。

 

 

Sponsored Link

 

 

ここで、593話の終了です。

では、考察・感想の方に入っていきます。

 

キングダム 593話の感想・考察

 

https://twitter.com/hero_synergy/status/1106330649558831105

 

信にとって大きなピンチとなった593話。

信が本能型だとすれば、趙峩龍は知能型といった所でしょうか。

趙峩龍軍の2対1の攻防により、信にとっても大きな痛手になったと思うのですが、信はそれを上回る力を見せつけました。

 

しかし、心配なのが松左の状態。

最悪の展開だけは避けたい所です。

 

“ISOPP”
そろそろ羌瘣が登場しそうな予感

 

 

 

Sponsored Link

 

Twitter でISOPP@エンタメブロガーをフォローしよう!

コチラも読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)